2009年8月6日北海道遠征登山第12弾にして北海道遠征最終登山
快晴の大雪山お鉢平&花畑を満喫 黒岳→北海岳→白雲岳→赤岳縦走登山の模様です。



朝4時頃層雲峡のキャンプ場で起床、空を見上げると各所に雲が、
「この雲は低層の薄い雲で山頂部は晴れているに違いない!」と判断し
予定通り層雲峡・銀泉台を縦走する事とする。北海沢周辺の花畑を楽しみにしての登山だ。
また、これが今夏最後の北海道登山となるので、なんとなくお鉢平で締めくくりたかった事もある。

朝飯を食らうと5時過ぎキャンプ場を出発
途中セブンイレブンで山飯を調達すると、層雲峡温泉の駐車場へ5時30頃到着。
着替え・荷済みを終えると、ロープウェイ乗り場へ行き片道切符を購入。

始発6時発のロープウェイに乗ると5分ほどで5合目
途中低層の雲を抜け、北大雪の山々が眼前に見え出すと車内で歓声が上がる。

5合目駅から3分ほど歩くとリフト乗り場、リフトは6時30営業開始となっているが
ロープウェイの始発時間に合わせて既に運行を開始している。
ここでリフト券を購入し、リフトに15分ほど揺られると8合目へ到着する。快晴である!!

ここから黒岳までは急斜面を、岩・階段で緩やかに踏み上げて高度を上げていく。
ここ連日の晴天の為、これで3日続けて山に登っている為、昨日に輪をかけて足が重い。
7月12日にこの道を歩いた時は、道上にまだ雪がけっこう残っていたのだが、さすがにもう融けた。

click_to_expand_12.gif    黒岳9合目付近よりよりニセイカウシュッペ
写真クリックで拡大

逆行にシルエットで連なる北大雪の峰々を眺めつつ、マイペースで鈍い足をえっちらほっちら進めると
7時30分頃、黒岳山頂に到着した。

空が青く澄んでいる  快・快・快っ晴~~~~~~である!!!
朝日を浴びる北海岳・白雲岳・間宮岳・北鎮岳などお鉢平周辺の山々、実に清々しい風景だ。
何度か黒岳には来ているが、これほど清涼な空気感を味わうのは初めてだ。
「やはり山は朝に限る!!!!!」

黒岳山頂より御鉢平方面
写真クリックで拡大

清々しい風景・空気から、体にエネルギーが注がれるかの様な感覚を味わいながら下っていくと
黒岳石室手前の花畑へでる。
チングルマエゾノツガザクラヨツバシオガマなどが、まだ元気に咲いており嬉しい。

黒岳石室付近の花畑
写真クリックで拡大

花々を眺めながらのんびり進むと石室分岐、ここを北海岳方面へ左に折れる。
ここから赤石川までは随所に花畑が展開し、最盛期には極楽風景が拡がるのだ。
既に盛りは過ぎているものの、所々で元気の良いチングルマヨツバシオガマコザクラなどが見られた。

元気の良いチングルマ
写真クリックで拡大

赤石川
写真クリックで拡大

赤石川を石積みブロックで渡り、少し歩くと北海沢が見えてくる。
沢周辺の融雪が進みコザクラミヤマキンバイが満開、所々ハクサンイチゲも見られ楽園地帯である。

北海沢周辺
写真クリックで拡大

北海沢周辺 黄色いのはエゾノリュウキンカ
写真クリックで拡大

北海沢を離れると明瞭な上りが開始、高度を上げるに従いお鉢平が眼下に見え始めてくる。
7月中旬にはツガザクラ・チングルマが群生する花畑を過ぎ、白雲岳が見え出すと北海岳山頂は近い。

お鉢平の淵、ガレ地の稜線を
遠くトムラウシ・十勝連峰を見ながら最後の一上りで9時30頃、北海岳山頂へ着いた。

なんと明瞭な風景だろう・・・ 8月だというのに空気が澄み渡っており景色の輪郭がクッキリとしている。
その鮮明さに、お鉢平全体が、まるで海の上に浮かんでいるかのような感覚にとらわれる。
これほど明瞭なお鉢平は初めて見た。

北海岳より眼下に御鉢平
写真クリックで拡大

「やっぱりお鉢平に来て良かった・・・・・・」 最後の締めくくりに相応しい大展望である。 ありがたい

風景を十分味わった後、北海岳分岐を折れ白雲岳方面へ、なだらかな道を進んでいく。
40分ものんびり歩くと、白雲岳下の花畑にでる。
やはりここでも多くのエゾノツガザクラチングルマミヤマキンバイ・ヨツバシオガマなどが彩りを添ており
大雪山らしいのびやかな風景である。

白雲分岐付近の花畑
写真クリックで拡大

白雲分岐付近の花畑
写真クリックで拡大

花畑を過ぎ少し上ると白雲分岐、ここを右手に進み白雲岳山頂へ向かう。

緩やかな岩ゴロをいったん上りきると平坦地、目指す白雲岳山頂部が見えてくる。
エゾヒメクワガタなどの花畑を過ぎ、再び岩ゴロの一上りで11時過ぎ、白雲岳山頂へ着く。

白雲分岐付近より白雲岳
写真クリックで拡大

今夏2度目の白雲岳、昼飯を喰らいながら、後旭の雪渓模様・お鉢平方面などを眺める。
雲が上がりつつあるものの、前回緑岳経由で上った時より空も青く、まあ、良しとしよう。

白雲岳より後旭の雪渓
写真クリックで拡大

40分ほどボケ~~~っとすると白雲岳山頂を出発、来た道を引き返し再び白雲分岐へ
ここを真っ直ぐ進み、たおやかな礫地の丘状斜面を上って行く。
7月初旬であれば、ウルップソウ・タカネスミレ・キバナシオガマなどが辺りを彩っている筈である。

今夏最後の大雪山散歩を味わいつつ、ゆっくりゆっくり歩き、12時40分頃岩積の赤岳山頂だ。
岩によじ登り北鎮岳などを見ていると、山頂下の平地に横になっている人の姿が、眠っているようだ。
1時頃まで赤岳山頂で過ごすと、いよいよ下山を開始する事とする。

右手の岩積みが赤岳山頂
写真クリックで拡大

駒草平でいったん休憩、8月初旬という事で、群生しているコマクサも既に元気がなく
どの株もだら~~っと頭を垂らしている。

奥ノ平・第2花苑・第1花苑と続く花畑(いずれも適期ではなかった)を過ぎ
3時30分発のバスに合わせながら、ゆっくり下っていくと3時過ぎ、銀泉台へ到着した。

暑いので、旧銀泉台ヒュッテの日陰に座り込み、登山靴を脱ぎ足をぶら~~~~~~
っとほどなくバスがやって来たので乗り込むと出発。
50分ほど揺られると層雲峡温泉に到着、更に5分ほど歩くと4時30分頃駐車場へ戻った。

天候不順でどうなるかと思った北海道遠征も、ここ連日の晴天でなんとか帳尻があった感じである。
天候回復前に本州へ帰らざるを得なかった友人Pには残念であったが
今年の目的だった石狩連峰大雪山裾合平を楽しむ事もでき、まあ、満足している。
この先も北海道は晴れが続く予報がでているのだが
花の時期も終わりを迎え、もう今シーズンは登りたい山も無いので、北アルプス周辺の天気次第で
本州へ渡るつもりだ。

晴れてくれた天気と、今年も素晴らしい風景を見せてくれた北海道の山々に感謝である。


北海道の写真コチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



北海道遠征登山第11弾 
2009年8月5日 平山登山「表大雪山・ニセイカウシュッぺの大展望を楽しむ」の模様です。




朝5時層雲峡のキャンプ場で起床、今シーズン曇りがちであった北大雪方面が晴れているようなので
予定通り平山に登る事にする。表大雪やニセイカウシュッペの展望を期待しての登山である。
5日ほど前から急に天気が良くなりだしたので、ここ数日忙しく山に登っているところだ。

朝飯を食らうと6時頃キャンプ場を出発、途中上川のセブンイレブンで山飯を調達すると
旭川紋別道(現在無料)へ、白滝インターで降りると北大雪スキー場方面へ車を走らす。
スキー場前まで来ると、いかにも北海道らしい高原風景が拡がっていたので、車を停め暫し 「ぼ~~」

click_to_expand_12.gif    北海道らしい高原風景
写真クリックで拡大

更に進むとT字路で道道558号と合流、右折し5分ほどで走りやすい未舗装路となり
終点まで来ると、そこが登山道入り口となっている。
着替え荷済みを終えると、7時30分頃平山へ向けゆるゆると歩き出した。

昨日12時間超の山歩きをした為、足取りが非っ常~~~に重い。
谷筋を流れる沢の流れを聞きながら20分も歩くと滝が、「行雲の滝」と言うらしい。
更に15分でまた滝「冷涼の滝」があり、清々しい。
と、ここらで蚊がまとわりつき始めたので、虫除けスプレーを「これでもか!」と盛大に吹き付ける。

薄い雲が随所にたなびいており、今ひとつ明瞭に晴れない空を恨めしく眺めつつ
鈍い足取りで更に20分も歩くと「第一雪渓」、沢沿いにエゾノリュウキンカの黄色い群落が美しいので
ここで休憩する。

第一雪渓付近に咲くエゾノリュウキンカ写真クリックで拡大

第一雪渓をトラバースし花畑を過ぎると、ここから稜線まで急斜面が続いており
疲労の溜まっている足には、なかなかキツイ。

第二雪渓辺りでいったん平坦地となり花畑が広がっているが、また直ぐに急斜面となる。
ここらでようやく明瞭に晴れだし、右手に比麻良山が見え出すともう稜線は近い。

斜面を登りきると9時30頃、なだやかな尾根(1737mピーク)へ到着
突然視界が開けると、眼前にカッチョ良いニセイカウシュッペが「悪の要塞」の如くそびえる様が、
谷を挟んで向かいには表大雪黒岳周辺の山々や遠くトムラウシまでが、
大雪湖の向こうには石狩連峰やニペソツ山など東大雪の山並みが、一望のもと展開するのだ!
予想を超える展望に、独り歓声をあげる。よしよし!!!!!

なだらかな平山の向こうに表大雪の山々
写真クリックで拡大

かっちょいい! ニセイカウシュッペ
写真クリックで拡大

ここからなだらかな尾根を左手に15分ほども進んでいくと、平坦な平山山頂へ、
今ひとつ展望が利かない為、南側に続いている踏跡を辿っていくと展望の開けた場所へ出たので
ここで休憩。 景色を堪能しながらパンなどをむさぼる。

平山山頂付近より表大雪 左奥に遠くトムラウシがチョコンと見える
写真クリックで拡大

30分ほどの憩いで出発、比麻良山へ向け再び1737mピーク方面へ尾根を歩いていく。
1737mピークより先は礫地が多く、「高山植物の女王」コマクサが雑草の様に咲いている。
大雪山ではコマクサの群落は珍しくないが、これほどの規模の群落はそうそうお目にかかれない。
ただ、もう最盛期を過ぎており、咲きっぷりに勢いがないのが残念である。

コマクサの群落
写真クリックで拡大

比麻良山までの道中、左手には常にニセイカウシュッペ山が見えており
見る角度によりその表情を変える、存在感のある山塊はどこか邪悪で、眺めていて飽きる事がない。

穏やかな尾根を1811mピークまで上って行くと、ここからニセイカウに向かって踏跡が続いている。
「この踏跡を辿ってニセイカウまで縦走したら楽しいだろうなあ~~~」 いつかきっと歩こう。

どこか邪悪な山塊 ニセイカウシュッペ
写真クリックで拡大

ここからいったん下り1つピークを超え、また下り上り返すとそこが比麻良山山頂であった。
さっきの「1811mピーク」の方がよっぽど「山頂らしかった」けどなあ~~。
山名をつける基準ってよく分からない。

比麻良山山頂からは屏風岳の展望が良い。
屏風岳は存在感のある山体をしているので、以前から気になっていた。で、調べてみたら登山道は
無いらしく、沢から登る山らしい。技術を身につけたらいつか登ってみよう。

比麻良山から屏風岳
写真クリックで拡大

12時過ぎまで休憩すると出発、三たび1737mピークまで戻ってくると、随所で雲が湧き出し
表大雪はすっかり雲に覆われていた。あとは往路をひたすら下ると2時頃、登山口へ戻った。

素晴らしい展望が得られたうえ
「ニセイカウシュッペまで縦走する」という新たな目標を胸にした、楽しい山歩きだった。


北海道の写真コチラからどうぞ



[データ]

 登山日  2009年8月5日
 入 山  午前7時30分
 下 山  午後14時00分
 人 数  1人
 服 装  半そでシャツ 夏用ズボン


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



先日楽しんだ初冬の谷川岳登山の模様です。

 


 


急に仕事が休みになったこの日、午前中いっぱいは晴れる予報である。
前回の奥穂高岳~西穂高岳縦走以来、天候不良・岩登り講習等でどこにも登っていないので
ウズウズしていた僕。

紅葉も終わってしまったこの中途半端な季節
「日帰りで手軽に行けて、なにかしら見所のある山はないか」 で谷川岳へ登る事にする。
豪雪でしられる谷川岳の事、美しい雪景色を期待しての登山である。

朝5時15分頃自宅を出発、週末とは違い空いている関越道を友人Pの車で快走。
車窓の外に次々姿を見せる山々を眺めつつドライヴ。
赤城山・榛名山・浅間山(山頂部冠雪)・上州武尊山(微かに冠雪)・谷川岳(冠雪でキラキラ)

7時45分頃、谷川岳ロープウェイの駐車場に到着
着替え・荷済みを終え切符売り場へ行くと、ちょうど受付のシャッターが空いたので切符購入
8時のロープウェイに揺られ、10分ほどで天神平へ着く。 

click_to_expand_12.gif    天神平より白毛門・朝日岳方面
写真クリックで拡大

周囲を見渡すと青空に映える生き生きとした風景・・
谷あいの向こうに朝日岳が、山頂方面を望むと樹林の向こうに、雪まとうトマ・オキの耳が美しい。

暫く天神尾根をトラバースするように平坦な樹林帯を進む。
15分も歩くと樹林の切れ目から、雪化粧した谷川岳がど~~んと姿を拝ませてくれる。
まだ雪は少ないものの、その白く輝く険しい姿は荘厳である。 やはり谷川岳雪が似あう! 

うっすら雪化粧の谷川岳 オキ・トマ
写真クリックで拡大

40分ほどで熊穴沢避難小屋へ来ると、ここから明確に尾根を辿るようになる。
きつい斜度の岩ゴロ尾根だが、稜線は比較的広く、雪質も柔らかい為、アイゼンは要らないようだ。

尾根の西方、オジカ沢の頭・俎へと連なる細く美しい稜線を眺めつつゆるゆると上って行く。
気持いい~~~っ と思いつつゆっくり高度を上げていると
なにやら南方から、徐々に薄い雲が広がり始めてくるではないか。
やはり午後から天気が崩れるという予報は、当たってしまっているようである。
(ク~~~っ 何故こういう悪い天気予報に限って当たるのだっ!!!!!) 

オジカ沢の頭・俎
写真クリックで拡大

「イカン、なんとか青空が広がっているうちに山頂まで着かねば」 という事で
半ばせっつかれるようようにして進んで行くと9時50分頃、「肩の小屋」に出る。

ここから吹きさらしの丸尾根を10分ほども上ると谷川岳「トマの耳」に到着である。
良かった・・・  なんとか青空の頂に間に合ったようだ!!! 

谷川岳 トマの耳
写真クリックで拡大

360度遮るものの無いパノラマ風景である。
西方には、オジカ沢の頭・万太郎山・仙ノ倉山と連なる谷川連峰主脈の向こうに苗場山が
東方には、朝日岳から巻機山の連なりの向こうにひときわ白く、越後駒ケ岳・中ノ岳などが望まれ
素晴らしい展望だ。 

トマの耳より谷川連峰主脈
写真クリックで拡大

昨年初夏、6月下旬に谷川岳へ登った時は、花咲く夏山風景を楽しんだものだが
いやぁ~~~  やはり初冬の雪景色もきれいなものだなあ~~・・・・・

暫し風景を楽しんだ後、「オキの耳」へ向け出発。
コルまで下り振り返ると、雪化粧した「トマの耳」が陽の光を浴び荘厳である。
風雪が創り出す美しいオブジェと化した岩峰などにみとれつつ上り返すと「オキの耳」へ着く。 

トマの耳を振り返る
写真クリックで拡大 

風雪が創り出す美しいオブジェ
写真クリックで拡大

冷たい風を浴びつつ10分ほど景色を眺めていると、南方からみるみる雲が流れてきた。
やはり危惧していたとおりで、ガスるのも時間の問題なので、下る事とする。
まあ、ここまで晴れてくれたので、「よし」 としよう。 

雪でひときわ荘厳 オキの耳
写真クリックで拡大

もう少し天候がもてば「西黒尾根」経由で下ろうかとも思っていたのだが今回は断念
上って来た道である最短コース「天神尾根」で引き返す事とする。

再び「トマの耳」を過ぎ「肩の小屋」まで来ると、あとはバンバン下る。
なかば滑るようにして一気に「熊穴沢避難小屋」まで来ると昼食、山頂付近はもうガスの中だ。

更に25分ほどの下りで12時半前、「天神平」へ到着。 ロープウェイで土合まで戻った。

[エピローグ]
この時はまさかこれが今年最後の登山になるとは思ってもみなかったのだ。
そう、この後ロッククライミング中に左足かかとを骨折するのである。 全治3カ月 嗚呼 南無・・・・・・・

はやく骨折が直りますように・・・

 


 


[データ]

 登山日  2009年11月24日
 入 山  午前8時10分
 下 山  午後12時30分
 人 数  1人
 服 装  薄手のあったかアンダーウェア(常に装着)
       長袖丸くびシャツ(常に装着)
       薄手の襟付きフリース(ほぼ装着)
       雨具上(山頂部で装着)
       中薄綿入りズボン(常に装着)
       薄手手袋(山頂部で装着)
 


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



登山用GPSとして「HOLUX m-241」を購入した。
といってもコレ、地図表示ができるような本格的な登山用GPSではなく
いわゆるGPS Logger(GPSロガー)という類のもので

自分の歩いた軌跡なんかをGoogle Earth(グーグルアース)・カシミールなどで描画して楽しむ。
「デジカメで撮ってきた写真のタグ」 に 「GPSロガーで取得した緯度経度・標高」 を書き込み
  写真の撮影場所を特定する。

といったような用途で主に使われているものらしい。

いずれとも僕が以前から試してみたかった事で、またGPS本体の値段も1万円程度と安価だった為
購入した。 これで登山の楽しみがまた1つ増え、嬉しい事だ。

Wireless GPS Logger M-241の詳細

登山用GPS GPSロガー HOLUX m-241gps 005

携帯電話と並べて大きさの比較
gps 011

早速先日の谷川岳などで使用してみたのだが、思い通りの結果が得られて満足だった。

[良い点]
単三電池1本で12時間ほど稼動するらしい。
メニューボタンの切り替えで、経緯度・標高・時刻など必要最低限の情報が確認できる。

[悪い点]
付属のソフト(GPS本体からログを吸い出す & ログをソフト対応ファイルに変換)が使えない。
(あまりにも評判が悪いので僕は試していないが、標高データを吸い出してくれないらしい)

ちなみに僕が使っているソフト(いずれもフリーソフト)は以下2つ
MTK GPS Logger download Utility → GPSからログをCSVファイルとして取得 
NMEA2KMZ → 取得したログ(CSVファイル)を KMLファイル(グーグルアース等で描画可能)や
                          GPXファイル(カシミール等で描画可能) へ変換する

谷川岳登山の軌跡をカシミールで描画
2009tanigawadake_route.jpg


カシミールを使い写真のタグ(Exifデータ)に緯度経度・高度データを付与
kashimiru_exif.jpg


カシミールのデジカメプラグインで写真と登山ルートをリンク(撮影した位置に写真が配置されている)
kashimiru_link.jpg


仕事中に車で移動した軌跡をグーグルアースで描画
gps_google_earth.jpg


さあ、楽しみが増えた事だし、後は骨折を早く直し、また素晴らしい山々を歩くのみである!!



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事