登山の幅を拡げ、バリエーションルートでのアルパインクライミング登山を目指す為
ロープワークなどを覚える一環として、リードクライミングをやらねば、と思っていた。
で、埼玉県の越谷にある「ミストラル」というクライミングジムで行っているリード講習を受講した。

ここ、受講料も安く、短時間(2時間)でリードクライミングの基礎が学べるので、非常にありがたい。

【ミストラルの様子】
mistral_wall.jpg

トップロープクライミング(壁の上から垂れているロープで確保して登る)と違い
下からロープをクリップし、安全を確保していくのがリードクライミングだ。

ロープクライミングのスタンダードな方法で、岩場を登る為に絶対必要な技術なのだ。
トップロープに比べると危険度も増し、フォールした場合の落下距離・衝撃がかなり増える事となる。

登る人間としては、安全確保の為のクリッピングという動作を行う必要があり
その際、片手での体勢維持となる関係上、基本的なカウンターバランスができないと
非常にきつく危険である。

ビレイをする人間としては、状況にみあった、より確実なロープの送り出しを行う技術が要求される。


【講習の内容】

①まずはハーネスへのロープの結び方を学ぶ。
 8の字結び(エイトノット)という結び方で、基本中の基本らしい。

②クリッピングを学ぶ。
 内クリップ・外クリップと2種類のクリッピングがあり、左右どちらでもできるように繰り返す。

③講師の方にビレイしてもらいながら、ゆるい前傾壁を使い実際に登ってみる。
 教わった内クリップ・外クリップをなんとかこなしながら登っていく。
 上に行くにつれ、だんだんロープが重く感じられクリップに手こずる。

ATCというビレイ器を使い、ビレイのやり方を学ぶ。
 いままでやった事のない、「ロープを送る」という動作に戸惑う。

⑤いっしょに受講した友人が登り、実際に僕がビレイを行う。
 ロープの送り、引きがうまくいかない。
 送るところで引いてしまったり、引くところで送ってしまったり、グダグダな状態に。
 友人を危険にさらす・・・・・・

⑥講師の方にゆっくり登ってもらいながらビレイを行う。
 ようやく慣れてきて、落ち着いてできるようになってきた。

⑦フォールの経験をする。
 僕がビレイで友人が上まで登りわざとフォール。かなりの反動で体がひっぱられ、飛ばされる。
 友人がビレイで僕が上まで登りわざとフォール。想像以上にロープが伸び、下まで落下する。
 グランドフォール(地面まで落ちる)だけは絶対に避けなければならない。

 以上で終了

ロープとATCを購入し、この感覚を忘れないうちにまたリードクイミングをやる予定だ。

にしても腕力が無さ過ぎる。
ホールド自由、カウンターバランスにより腕の引き付け全く無しで、3回登っただけなのに
かなり前腕がパンプ、乳酸が抜けない。無様である。

ジムクライミング自体が目的ではないにしても、これはちょっとなあ~~~~~・・・・・

すこし鍛えてみようかなあ・・・・・

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  


雪まとう荘厳な、冬の谷川岳東壁が見たくて、谷川岳展望の山である白毛門へ行った。

朝4時家を出発、練馬から関越道に乗る。早朝という事で、さすがに空いている。
途中、上里パーキングエリアでたぬきそばを食らう。
朝早いというのに、スキーへ行くであろう若者で結構にぎわっている。

朝日が昇ってくると、妙義山浅間山赤城山などが見え始め
向こうには、雪でひときわ白く輝く谷川連峰が連なっているのが見える。よしよし!

6時30分頃、水上インターで関越道を下り、暫く走るとセブンイレブンが。
ここで山飯を調達する(コンビニはやはりセブンイレブンに限るのだ!)

7時頃、土合橋登山口近くに車を駐車、外に出ると風が冷たい。
着替えを済ますと花粉症用にマスクを装着、7時10分白毛門に向けゆるゆると歩き始める。

土合登山口より一ノ倉岳
shiragamon_2009_3_22_009.jpg

登山ポストの先の鉄橋を渡ると樹林帯、
尾根に向けての急登がすぐ始まる為、ダブルストックを準備、アイゼンを装着する。
雪も少なくトレースがしっかりついている為、ワカンは必要ない。

登り始めからひたすら尾根の急坂が続き、いまいちペースがつくれない。
背後から同じペースで登ってくる登山者が気になり、ちょっとハイペース気味になってしまった。
このところスクワットをさぼっていたせいで、若干足取りも重い。

1時間ほどでいったん樹林帯の肩へ、傾斜の緩い場所で休憩。
マスクが非常に息苦しく鬱陶しい。鼻の調子も良いのでここでマスクを外す。
ほっと一息、景色をみやると
雪まとう谷川岳が木立の間から見えている。そそり立つ岩壁が実に荘厳である。

木立の間から谷川岳
shiragamon_2009_3_22_008.jpg

ここからダブルストックをたたみ、ピッケルに持ち替える。
さらに樹林帯の尾根を登ると、雪庇のむこうに目指す白毛門が見えてくる。
ようやく樹林帯を抜け傾斜が緩むと思いきや、さらに傾斜がきつい尾根の直登が続いていく。

白毛門山頂を仰ぐ
shiragamon_2009_3_22_002.jpg

が、西には常に遮るもの無く、雪まとう谷川岳東壁が眼前に望まれ、たまらん展望である。

西に目をやると常に谷川岳東壁が眼前に
shiragamon_2009_3_22_003.jpg

ときおりキックステップを交えながら
斜度を増す斜面を着実に登りきると、いったん山頂直下の肩に出る。

と、ここで初めて笠ケ岳がその姿を現す。雪に覆われ真っ白に輝いている。

雪で真っ白な笠ケ岳・烏帽子
shiragamon_2009_3_22_005.jpg

後ろを振り返ると、雪庇と谷川岳とのコントラストが、これまたたまらん風景である。

雪庇越しに谷川岳・たまらん風景
shiragamon_2009_3_22_004.jpg

きれいな風景に見とれながら、さらに鎖のひと登りで10時10分、白毛門山頂に到着。

予想を超える素晴らしいパノラマ風景である!!

雪化粧した谷川岳東壁の圧倒的迫力風景はもちろん、北には笠ケ岳から烏帽子への美しい稜線
東には上州武尊山日光白根至仏山燧ケ岳平ケ岳などが一望だ。

白毛門が展望と位置に恵まれたたまらん山である事がわかる。

東方面 至仏山・燧ケ岳・平ケ岳などを一望
shiragamon_2009_3_22_006.jpg

3月という事もあり、それほど寒くもない山頂で心行くまで景色を堪能
11時頃下山を開始する。

白毛門山頂より谷川岳shiragamon_2009_3_22_007.jpg

山頂直下の肩まで、眼前に谷川岳を望みながらの下りとなり
その谷川岳東壁に吸い込まれる様な不思議な感覚に、感動で久々に鳥肌が立つのを感じる。
すんげ~~風景・・・・・・・・・・・・・

感動もあとに
急斜面の下りに案外てこずりながらも、1時10分、土合に戻った。

いやあ~~~~ 良い山行だったなあ~~~~
「水上温泉ふれあい交流館」の湯船でしみじみ回想に浸うのであった。



[データ]

 登山日  2009年3月21日
 入 山  午前7時10分
 下 山  午後1時10分
 人 数  2人
 服 装  厚手のアンダーウェア(常に装着)
       長袖丸くびシャツ(常に装着)
       薄手の丸くびフリース(常に装着)
       ネックウォーマー(一時的に装着)
       雨具上(ほぼ装着)
       薄手のももひき(常に装着 若干暑かった)
       中薄ズボン(常に装着)
       発熱素材の薄手手袋(ほぼ装着)
 装 備  6本爪アイゼン(6本爪では危険、10本爪以上が必要である)
       ピッケル

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  


昨日、およそ一年半ぶりにクライミングをやりに、クライミングジムT-Wall江戸川橋店へ行った。


T-Wall江戸川橋店の様子
twallresize.jpg

ロッククライミングバリエーションルート登山に挑戦したいと思い、再び始めたのだ。


クライミングは手の力でがむしゃらに登るものでなない。
「ムーブ」というクライミング独特の動きを使い、いかに手に頼らずに登るか、というスポーツなのだ。
体のバランス・重心を反作用の動き(クライミングではカウンターという)を使い、体を安定させる動きだ。


カウンター系のムーブとして代表的なものが「ダイアゴナル」「フラッキング」などで
以前クライミングジムに頻繁に通っていた時に、そのムーブを繰り返し練習したものだ。


クライミングコースの難易度をあらわす数値が独特で
5・6(ファイブシックス) 5・10(ファイブテン) 5・12(ファイブトゥウェルブ)などとあらわし
5の次の数値が高いほど、その壁の難易度が高い事を示す。


ちなみに初見で、5・10(ファイブテン)をクリアーできれば「まあそこそこ」レベル
5・12(ファイブトゥウェルブ)をクリアーできる人は「これはもうプロ級」レベル、らしい。
僕、以前は5.10の簡単なレベルであれば、ムーブを使ってパワーに頼らず楽にクリアーしていた。


【僕が参考にしたクライミングの技術書】
ベーシック・フリークライミングベーシック・フリークライミング
(2003/07)
菊地 敏之

商品詳細を見る

で、まずは5・7の壁から登ってみる。
ムーブの動きができるか心配していたが、上り始めると体が自然にカウンターの動きとなる。
しっかり体に染み付いているようで一安心。


しかしどうもホールドが素直な位置についていないし、ホールドの数も少ない気がする。
以前の5・7レベルの壁ならば、まったく手で体を引きつける事なく、クリアーできたものだが
どうしてもパワーを使わざるを得ない箇所がある。


いまいち釈然としないまま、5・9の軽ハング壁に取り付いてみる。
やはりホールドが素直な位置についていないし、ホールドの数も少ない気がする。
で、3分の2ほど登ったところで前腕に乳酸がたまり、あえなく「フォール」


う~~~~~~む・・・・・ これが5・9のレベルなのだろうか?


以前の壁は、ムーブの工夫次第で、あまりパワーを使わずにクリアーできたのだが
どうも全体的に設定がパワー系に変わっている。


こうなってしまうと
結局「鍛えなければクリアーできない」という、どうにもつまらない状態であるので
早々にジムをでた。


まあ、今回は「ムーブ」の確認ができたので良しとしよう。


次回は「リード講習」を受講し、ロッククライミングへの第一歩へ進む予定。


この先にきれいな風景がありますように!!

昨年夏に登った北アルプス、白馬岳登山を振り返る。
登山日・人数  2008年8月7~8日 1人


夏の北アルプス遠征登山の第三弾として、白馬岳に登った。

前回の五竜岳・唐松岳縦走後、不安定な天候が続いた為
白馬村のペンションやキャンプ場で、天候が安定するまで粘っていたのだ。
おかげで出費がかさんでしまった。


[1日目]

【登山コース】
白馬駅→バスで猿倉→白馬尻小屋→大雪渓→葱平→白馬岳→白馬岳頂上宿舎テント場

【天気】
概ね晴れ

【歩程・展望】
朝4時頃、白馬グリーンスポーツの森キャンプ場で起床。
朝食・テント撤収・荷積みを手早く済ますと、車で白馬村役場へ、車を駐車させてもらう。

白馬駅まで歩いて戻ると、猿倉行きのバスに乗り込む。
平日という事もあり、おもったほど登山者も多くなく、ゆったりとバスに揺られて行く。
7時頃猿倉に着くと、ゆるゆると白馬岳へ向け歩き始める。

10分ほどジグザグに斜面をのぼると、砂利混ざりの林道と合流する。
青空に映える白馬岳を仰ぎながら、淡々と平坦な道を40分ほど歩くと、白馬尻小屋に着く。

ここから大雪渓の登りが始まる。

強い日差しと登りで熱くなった体に、雪渓の冷気が心地よい。
軽アイゼン(6本爪)を装着すると、ダブルストックでテンポ良く登っていく。

40分ほども登ると、左手に黄色いコントラストが。 シナノキンバイ・ミヤマキンポウゲが咲いている。

よしよし!!
ルートを左に向け、黄色いお花畑の群落へ。
ここ、山岳写真でよく見るアングルで、絶好の撮影ポイントとなっている。
2~3人のカメラマンが三脚を据え、撮影に興じていた。
僕もパシャリパシャリと4~5枚撮影する。

白馬岳 大雪渓
sirouma_2009_3_8_001.jpg


さらに20分ほどで大雪渓も終了、山頂へ向けひたすら谷筋を登っていくのだが
ここからは美しい花々の高原風景が随所に拡がっており、歩みが進まない。
ハクサンイチゲハクサンフウロクルマユリなどの共演である!!!!

白馬岳 お花畑
sirouma_2009_3_8_002.jpg


暑さと、しつこい登りを、花々に慰められながら2時間ほど登ると左手に白馬岳頂上宿舎が見えてくる。
ここで尾根に到着、杓子岳と白馬岳の分岐となっていおり、ホソバノウルップソウが群落している。

いったんテント場で幕営の手続きをする。ここ、北アルプスでは珍しく水が無料だ。
まだ1時頃昼真っ只中、当然テント場に陽を遮るものも無く熱い。
で、とりあえずテントを張るのは涼しくなってから、という事で涼を求めて白馬岳方面へ歩く。

旭岳を左に望みながら10分ほども歩くと、大きな白馬山荘
ここを右手へ進むと、風も心地良い東側に切り出した崖淵へ出る。

北側には白馬岳から乗鞍岳までの稜線
南側を振り返ると、流れる雲の向こうに、杓子岳・鑓ケ岳が鎮座、 美しい。

雲涌く杓子岳・鑓ケ岳sirouma_2009_3_8_003.jpg

しばし景色に見とれながら涼をとると、山頂へ行く事とする。
10分ほど登ると尾根がほぼフラットになり、さらに少し進むと方位版のある白馬岳山頂だ。

すでに昼3時頃という事もあり、湧き上がる雲とぼやけた空で遠景は見えないが
雪倉岳・朝日岳などの眺望は良い。

4時ころまで山頂周辺でボケ~っと過ごすと
涼しくなってきたので、テント場に戻り幕営する事とする。

チロル村状態の槍ヶ岳・奥穂高岳などのテン場とは違い
フラットで広々としたテント場は、風も無く非常に快適である。週末でなないのでそれほど人もいない。

チキンラーメンとカロリーメイトで夕食を済ましてしまうとやる事もないので
7時30頃就寝 明日の快晴を祈る。


[2日目]

【登山コース】
白馬岳頂上宿舎テント場→杓子岳→鑓ケ岳→白馬岳→小蓮華山→白馬大池→乗鞍岳→栂池

【天気】
概ね晴れ

【歩程・展望】
朝3時20頃起床。手早く朝食・テント撤収を済ますと
徐々に東空が明るくなりつつある4時30分頃、小ザックを背負い杓子岳へ向け尾根へでる。

丸山まで尾根を歩くと、東南方面に剣岳のシルエットが見えてくる。
いったん最低鞍部まで下ると、「杓子岳山頂方面」と「鑓ケ岳方面へのトラバース道」の分岐だ。
ここを左へ ガレ・ザレの急斜面をへっこらへっこら登ると5時10分頃、杓子岳山頂に着く。

朝陽を浴び赤みを帯びる白馬岳が眼前に展開、西には旭岳から清水岳への稜線が美しい。
山で迎える朝ってほんとに気持ちよいなあ~~

杓子岳山頂から陽光浴びる白馬岳・旭岳
sirouma_2009_3_8_012.jpg

さて、一休み後、鑓ケ岳へ向け出発。
暫く杓子岳の尾根を歩くとザレた下りで杓子沢のコルへ。
ここから小鑓へいったん登り、もうひと下りすると山頂へ向け最後の登りとなる。
以外に緑が多く、鑓ケ岳・青空とのコントラストが気持ちよい。
さらにひと登りで6時10分頃、鑓ケ岳山頂へ到着。

素晴らしい展望だ。絶景である!!
唐松岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳と連なる後立山の峰々や、剣岳・雄山などの立山連峰が一望
遠く鷲羽岳などの裏銀座や槍ヶ岳も望め、贅沢なパノラマ風景が拡がっている!!

白馬鑓ケ岳より 連なる後立山の峰々を展望
sirouma_2009_3_8_005.jpg


風景を堪能、のんびり憩った後再びテント場へ向け引き返す事とする。

さわやかな陽光に映える景色を味わいながら杓子岳をトラバース
再び最低鞍部辺りまで戻ると、お花畑の向こうに白馬岳を望める絶景ポイントが。
往路では気づかなかった素晴らしい風景だ。

お花畑の向こうに白馬岳
sirouma_2009_3_8_008.jpg

白馬岳頂上宿舎テント場まで戻ると大ザックを背負い8時頃、白馬岳へ改めて出発。
テント場周辺のお花畑が朝陽をあびきれいだ。全てが生き生きしている。

白馬岳頂上宿舎テント場周辺に拡がるお花畑
sirouma_2009_3_8_009.jpg


30分も登ると昨日に引き続き白馬岳山頂、時間が遅い事もあり空いている。
長池の向こうに鉢ケ岳・雪倉岳・朝日岳の連なりがさわやかだ。

鉢ケ岳・雪倉岳・朝日岳の連なり
sirouma_2009_3_8_010.jpg
.
さて、ここからは暫く緩やかな尾根道となる。
雪倉岳への分岐を過ぎ、小蓮華山を越え、来た道を振り帰ると白馬三山の連なりがきれいに見える。

白馬三山
sirouma_2009_3_8_011.jpg

船越の頭を超え、雷鳥坂へ来るとハイマツ帯となり、眼下に白馬大池が見えてくる。
坂を下っていくとチングルマのお花畑があるのだが
既に綿毛となっている株が多く、時期が少し遅かったようだ。 残念。

白馬大池まで下りきると白馬大池山荘があり、ベンチにたくさんの登山者が休憩している。
僕も池のまわりで暫し休憩する。

ここから乗鞍岳の先まではロックガーデンが続く。
岩のうえをバランスを取りながらトントンと渡って行く。 
と、ほどなく樹林帯をいったん下ると天狗原の木道だ。
この辺りから、登ってくる多くの登山者とすれ違いはじめる。

あとはひたすら樹林帯のジグザグ下り。2時頃、日差しも暑い栂池自然園駅に到着。
ロープウェイ・リフトを乗り継ぎ、下界「栂池高原」へ下山。

すかさずバスに乗り込み、白馬駅へ戻った。

花と展望を満喫 「白馬三山」 楽しい登山だったなあ~~~





登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村