初めての北アルプス、昨年秋の立山登山を振り返る。
登山日・人数  2007年10月13日 2人


[プロローグ]
それまで北海道の山にしか興味が無かった僕が、なぜ北アルプスに行こうと思ったのか。
極彩色に染まる晩秋の室堂平のポスターを、電車の中刷りポスターか何かで見かけたからだ。

天上に拡がる極楽絵巻のような風景に是非会いたい!
そんな衝動に僕を駆りたててくれるとても美しいポスターだったのだ。


[1日目]
朝、東京を出発。中央自動車道・長野自動車道を走り、豊科インターで高速道を降りる。
大町で昼食・着替え・荷済みを済ますと、大町アルペンラインを走り扇沢に着く。
ここで車を降りトロリーバス・ケーブルカー・ロープウェイ・トロリーバスと乗り継ぎ
3時頃室堂平に到着した。
のんびり30分ほどで周遊できる池めぐりコースがあるのでとりあえず散歩する事にする。

ミクリガ池やミドリガ池の向こうに秋色に色づいた立山が鎮座しており美しい。
歩くほどに雲も消えていき、青空・山肌・風景を投影する池のコントラストに心を惹き込まれる。
明日への期待が徐々に高まるのを感じつつ、今夜の泊地・立山室堂山荘に4時頃到着。
          


秋色の立山
tateyama2009_4_12_001.jpg


ココ 山荘とはとても思えない。

 ①大きな展望浴場がある。
 ②暖房がきいている。
 ③食堂でテレビが見られる。
 ④ご飯もおいしい。
 ⑤民宿レベルの広~い個室がある。

山小屋といえば北海道の避難小屋しか知らなかった僕には
もの凄いカルチャーギャップだった!!

そんなわけで
あった~い風呂につかり、つめた~いビールなんぞを飲み、おいし~い飯を喰らい
明日の快晴を願いつつこの日は就寝したのだった。



[2日目]
まいった~~  ガスってる~~
山頂付近が雲に覆われているではないか!

元来、晴れていなければ登らない性質である。
曇っていたり、晴れていてもガスったりしていると登らないのだ。

さいわいにして予備日が1日ある。
そこで山荘の人にもう1日泊まれないか聞いてみるとあっさりOK!
さらに9000円以上の出費を強いられるのだが、このまま下るのは忍びないにも程がある。
明日、快晴の頂に立つ事ができれば痛くもかゆくもないのだ!!
                           ( 晴れなかったら相当イタイが・・・ )

昼過ぎ、うっすら太陽がでてきたので周辺を散策する事とする。
なんだか歩くほどにグングン晴れてきたぞ!
大日岳・奥大日岳の山肌が美しく色づいているし
立山の連なりの向こうにチョロっと頂をのぞかせる剱岳もかっちょいい!


大日岳 晴れてきた!
tateyama2009_4_12_002.jpg


テンションも上がったところで室堂山荘へ戻ると今日も
あった~い風呂につかり、つめた~いビールなんぞを飲み、おいし~い飯を喰らい
明日の快晴を願いつつこの日も就寝したのだった。


[3日目]
早朝目覚め、外を眺める。
快晴とはいかないが、ガスもなく、山の稜線がクッキリ見えている。
まあ、「よし」とするか。

食堂に行き、朝から3杯飯をくらう。
着替え・荷詰めを済ますと
昨日頼んでおいた昼食用の弁当(まったく、いたれりつくせりだ)を頂き、出発。

雄山と龍王岳のコルまで、整備されすぎた道を登っていく。
30分ほども歩くと、コルにある一ノ越山荘になんなく着く。

ここで南側の展望がひらけ、薬師岳・水晶岳などの向こうに槍ヶ岳まで見渡せる。
はじめて目の当たりにする北アルプスの山々は、予想以上に素晴らしい!
北海道の山とはまた違った、美しく荘厳な連なりである。

ここから普通の登山道となり、岩場をペンキを頼りに登っていく。
久しぶりの登山ではあったが、足も軽く、40分ほどであっけなく雄山山頂に立つ。

はじめて立つ3000m峰からの展望は雄大だ。
北東に連なる後立山の峰々がひときわ険しく、白馬三山・鹿島槍が雄々しい。

さらに尾根を20分ほど北上すると立山最高峰の大汝山だ。
眼下に拡がる室堂平・奥大日岳のコントラストが見事である。


立山尾根より望む室堂平
tateyama2009_4_12_003.jpg


さらに尾根を北上
富士ノ折立→大きく下る→緩やかに登る→真砂岳→真砂乗越→緩やかに登る→別山

別山に着くと、それまで全貌が見えなかった剣岳がどど~~~んと眼前に展開する!
一気に気分が高揚するのを感じつつ10分ほど歩くと、剣岳の展望台である北峰に着く。

圧巻である。
まさに岩の殿堂、剣岳
これほど存在感のある山はそうは無いのではないだろうか。
ねばった1日が、ありあまるほど報われる一瞬だ。
まったくこれだから山は・・・・・   よし よし!


岩の殿堂 剣岳
tateyama2009_4_12_004.jpg


立山を十分満喫し、1時30頃室堂平へ下山。

この秋僕は、北アルプスへの想いを沸き立たせるに十分な風景を見てしまったのだった。

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  


那須岳に登った。
紅葉の金洞山(妙義山)岩稜歩きから約1月ぶりの登山となる。
久しぶりに、雪をまとう山の姿を見たかったからだ。

朝5時出発。
鹿浜インターより首都高経由、東北自動車道へ。
途中大谷パーキングエリアで朝飯(かけそば)を食らう。
矢板あたりまで北上すると雲が消え始め、朝日を浴びる那須岳が美しい。

7時30分頃那須インターを降りると、登山口へとボルケーノハイウェイを走行。
大丸温泉より先の道路は冬季閉鎖となっているため、ここで車を停める。

車を降りると、やはり寒い。
ももひきを着用、準備万端で着替えをすますと8時、那須岳へとゆるゆる歩き始める。

車道の峠をショートカットするように登山道を20分ほど登ると
那須ロープウェイの山麓駅に出る。冬季は運休しているため、がら~んとしている。

ここからようやく普通の登山道が始まる。
道は雪をかぶっているが、それほどしまっていないため、とりあえずアイゼンは付けない。

足裏で雪を押すようにぐりぐり30分ほど登ると
美しく雪化粧した、荘厳な朝日岳の姿が右手に見えてくる。


アルペン的な岩峰 雪化粧する朝日岳
nasudaske2009_4_12_001.jpg


さきほどまでかかっていた雲も消え、青空と雪のコントラストが気持ちよい。
歩き始めてから1時間10分、峰の茶屋跡避難小屋に着く。

北に目をやると剣が峰・朝日岳、南に目をやると茶臼岳が鎮座しており
がぜんテンションがあがる。楽しくてたまらない!


峰の茶屋跡避難小屋より剣が峰の向こうに朝日岳
nasudaske2009_4_12_002.jpg


ここで休憩するとアイゼンを装着。
噴煙あげる茶臼岳へと歩をすすめる。

高度を上げるごとに会津・東北の山々や、那須連峰の全容が拡がってくる。
その中で、飯豊山がひときわ大きな山塊を見せている。

雪・岩の斜面を登りきると、お鉢の淵でロープウェイからのコースと合流。
10時10分頃、鳥居をくぐり茶臼岳山頂に到着。
360度の視界がひらけ、日光白根・燧・越後山脈・磐梯山などが見渡せる。

景色を堪能した後、朝日岳へ向け再び歩きはじめる。
お鉢北にでると、天を指すようにそびえる岩峰に目を奪われる。


山頂付近、お鉢北にそびえる岩峰
nasudaske2009_4_12_003.jpg


茶臼を下ると、再び峰の茶屋跡避難小屋に着く。
ここから朝日の肩までは雪斜面のトラバースが20分ほど続く。

慎重に慎重にトラバースを通過。
急斜面をひと登りで朝日の肩。西から強烈に吹きつける風が冷たい。
ここから主稜線を離れさらに5分ほど登ると
11時40分頃、朝日岳山頂に到着。
南には先ほどまでいた茶臼岳がでっかい山容で鎮座。
圧倒的な迫力で眼前にそびえる。


朝日岳より茶臼岳を望む
nasudaske2009_4_12_004.jpg


風を避けるように昼食をむさぼり、景色を堪能すると
三本槍岳へむけ出発する。が、思ったより時間が遅くなってしまったので
1900峰で引き返す事とする。またいつか行けばいい。

強風のなか、ふたたび慎重に慎重にトラバースを通過すると
三たび峰の茶屋跡避難小屋に着く。

ほっと一息、お湯をわかしコーヒータイム。
山行を振り返りながらゆっくり憩った後、下山を開始する。

2時40分頃駐車場に到着。
着替えをすますと、温泉で至福のひと時をむかえた。

こんな幸せな事ってそうはない。



 [データ]

 登山日  2008年12月20日
 入 山  午前8時
 下 山  午後2時40分
 人 数  2人
 服 装  厚手のアンダーウェア(常に装着)
       長袖丸くびシャツ(常に装着)
       薄手の丸くびフリース(常に装着)
       ネックウォーマー(一時的にに装着)
       雨具上(ほぼ装着)
       厚手のももひき(常に装着)
       中薄ズボン(常に装着)

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  


はじめて西別岳に登った夏、その感動に突き動かされ
僕は北海道の山に時間と天気が許す限り、次々に登った。

十勝岳・空沼岳・徳舜瞥山・神威尻山・白雲山・雄阿寒岳
西クマネシリ岳・雌阿寒岳・西富良野岳・狩場山・昆布岳
と20日ほどで11山に登った。

北海道は森林限界が低いこともあり、なにしろ山頂からの展望はばつぐんなのだ!

当時は
大雪山が見えた!」 「羊蹄山が見えた!」 「支笏湖が見えた!」 「奥尻島が見えた!」

ただただそれだけで嬉しくてたまらなかった・・・・・・・

           ↓狩場山                      ↓雌阿寒岳山頂からkariba_meakan2.jpg


        ↓昆布岳から羊蹄山                  ↓十勝岳から富良野岳
konbu_tokachi2.jpg


① 朝キャンプ場で目覚める → ② 快晴だ! → ③ バイクで登山口へ → 
④ 山に登る → ⑤ 山頂で感動! → ⑥ 後ろ髪を引かれながら下山 → 
⑦ 温泉につかる → ⑧ キャンプ場でうまいビールを飲む!

そんな日々がたまらなく幸せだった。

しかしこの年は、まだ北海道の山々の素晴らしさのほんの一部を味わっているにすぎなかった。

そう、この後、大雪山の美しい花々がおりなす楽園風景に僕は出会うことになるのだ!!

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  


僕は泳げない。
息継ぎができないのだ。
以前、本栖湖でカヌーを練習中に
低体温症で小鹿のように震え、死にそうになった事があるくらいだ。

今後
・沢登り
・スキューバダイビング

・再びカヌーをやってみたいと思っているため、これは泳げるようにならなければイカン!

という事で、近所の温水プールに行ってきた。

こんなところ(北区営プール元気ぷらざ)
resize0151.jpg

事前に水泳の教則本(基礎からマスター水泳)を購入したり、風呂でもぐってみたり
準備万端ででかけた。
なんだかもう泳げるような気持ちになっていたのだ。

子供たちにまざって
ビート板でバシャバシャっとバタアシなんぞをやってみる。

バシャバシャッ・・・・  バシャバシャッ・・・・  バシャバシャッ・・・・・・・・

おどろくほど進まない!
教則本に書いてあった動作を思い出したり、友達のアドバイスを聞いたりして、
足首の角度、ひざの感じなんかを工夫してみるのだがうんざりするほど進まない。

バシャバシャやっている僕の横を 
子供がす~~~っ   年配の方がす~~~っ だ  う~~~~~~む・・・・・・・・・ 
クロールなんぞで息継に挑戦してみる。
が、本を読んだくらいで当然できるはずも無く。         
今後の見通しがまったくたたないまま1時間30分ほどで退散した。

非常~~~~~っに気が進まないが、来週も練習する予定。
僕もいつかは すい~~~っ すい~~~っ と優雅に泳ぎたいものである。

この先にきれいな風景がありますように!

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  


一昔前ツーリングばっかり出かけていた。
毎夏北海道に行っちゃあ、地べたを駆けずり回っていた。
もちろんそれはそれで素晴らしい経験で、しあわせな思いを何度も味わった。

が、僕は元来飽きっぽい。
なのでどんなに素晴らしい北海道ツーリングでもだんだん飽きてきて
なんだか予定調和的な感じになってしまった。

道東は別海に滞在していたとき、天気もわるく何となく走る気がしなくって
ツーリングマップルで周辺の地図を見ていたら、摩周湖の近くにある西別岳への登山道の記載があり
簡単に登れそうだったので行ってみる事にした。


西別岳
nishibetsudake2009_4_12_002.jpg


ジーパンにスニーカーでえっちらほっちら1時間30分も登るとあっけなく山頂についた。
眼下に広がる広大な根釧原野のパッチワーク模様や、まじかに鎮座する摩周岳の姿に
僕は感動してしまった・・・・・・・。


摩周岳
nishibetsudake2009_4_12_001.jpg


いままで走り回っていた北海道の雄大な大地の姿を上から眺める新鮮さに、完全にやられたのだ・・・・。

以降、これをきっかけに北海道の山々に強烈に惹きつけられて行く。
そう、さらなるきれいな風景との数々の出会いが僕を待っていた。

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif