ここ最近好天に恵まれず、なかなか「お山」へ登る事ができないでいる。
先日の3連休は鳥海山の登山口まで行ったのだが、「濃厚なガス」の為一歩も登らず撤退であった。
まったく・・・  秋田県くんだりまで行って強烈なダメージ ご苦労な事である。
 
で、ネタ切れ気味という事もあり、どうも人気の無い「クライミングネタ」を一つ
僕が実践している、クライミングトレーニングを紹介する。 どうかお付き合いを・・・・・



「クライミングは腕力じゃぁないよ ムーヴだよ」 なんて事言っている人に限って
「あなたに言われたくないぞ!」 っとつっこみたくなる様な、たくましい肉体をしている筈である。

確かにクライミング特有な動きである2点保持、カウンターバランスに代表されるいわゆる「ムーヴ」を
体得する事で、室内壁(クライミングジム)であればある程度のグレードは楽に登れるようになる。

しかしそれだけではあっという間に壁にぶちあたり、それ以上のグレードを登る為には
絶対にパワーが必要となるのだ。 そう、結局クライミングは「力」なのである。

クライミングに必要なパワーに代表されるものとして、まず「指力」が挙げられよう。
これ、なかなか一般的なトレーニング器具で強化できる類のものではない。

「指力」などを鍛える特殊なトレーニング器具として、インドアクイラミングのホールドを再現したような
メトリウス社の「フィンガーボード」・「ロックスリング」というようなものがある。

フィンガーボード
meto1.jpg

ロックスリング
meto02.jpg

設置方法の簡易さや値段の安さで、僕は「ロックスリング」を選択
アメリカのREIというインターネットショップで購入した。
円高の影響により、日本で買うよりも約1000円ほど安く買う事ができた。

苦心惨憺の結果、室内で洗濯物を干すのに使ったりするいわゆる「つっぱり棒」などを使ったりして
理想的とまでは行かないが、なんとか押入れのスペースに設置する事ができた。

「ロックスリング」をなんとか押入れに設置
Climbing Taining 007

取扱説明書に書いてあるトレーニング「10分間ワークアウト」とやらを早速試してみたのだが
今の僕の指力ではできない課題がいくつもあるので
当面はこの「10分間ワークアウト」達成を目標としようと思う。
「10分間ワークアウト」が楽にこなせるようになれば、5・11も見えてくる! のだろうか?

こんな感じでクライミングのトレーニング
Climbing Taining 005

それと、ロッククライミングは体が柔らかいほうが有利である。
高いホールドに足を乗り上げる事(ハイステップ)が必要となるからだ。

で先日、「強制股裂き器」を購入、暫しこれを使い柔軟を行っていたのだが
膝内側の筋を痛めそうなので中止、今は器具を使わない方法で柔軟体操をやっている。

「強制股裂き器」で柔軟をする僕

Climbing Taining 010

こんな努力の向こう  目標とするクラシックルート(バリエーションルート)初完登の稜線から
僕らはどんな思いで、どんな風景を見るのだろうか・・・・・


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



アルパインクライミングを目指す僕の挑戦記録

昨日、クライミングジムへ行き、2回目のリードクライミングをやってきた。

手始めに5・9の壁に取り付き、なんなく完登
「張って~~~」 っとビレイをしている友人にテンションをかけて貰う。
で、張って貰ったところで、ロープに全体重をかけぶらさがった時である。

ハーネスのベルトが「すっぽ~~~~ん」と抜け、「ずっ~~~ん」 っと体が落下
あっ!  っっ わああああああああああああああい!!!

ハーネス自体が体から抜けたわけではないので、すぐ落下も止まり、無事に下まで降りたが
非常に危険極まりない決定的なミスを犯してしまった。
ベルトの締め方が完全に間違っていたのだ。迂闊にもほどがある!
まったく、こんな事やっててアルパインクライミングもへったくれも無いものである。

正しい締め方
crimbing2009_4_26004.jpg
crimbing2009_4_26003.jpg


誤った締め方(と、いうか締まっていない 引っかかっているだけ)
crimbing2009_4_26001.jpg
crimbing2009_4_26002.jpg

で、当然ちょっとした加重でベルトはスポ~~~ンと抜ける
crimbing2009_4_26005.jpg

昨日はその他にも、「逆クリップ」「ゼットクリップ」と危険行為のオンパレード
フォールした際、ボードに背中から落ちた人が救急車で運ばれる、などのアクシンデントもあり
これは 「もっとしっかりせねば」 と深く思った日であった。

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  


【前提】
アルパインクライミングバリエーションルートを目指す為のリードクライミング

昨日、埼玉県川口にあるクライミングジムPUMP1でリードクライミングをやってきた。

2週間前、越谷のクライミングジムMISTRALでリード講習を受けてから
初めてのリードクライミングとなる。

とりあえずグレード5・8の壁に取り付き、登ってみる。
まだクリッピングという動作に慣れていない為、いちいち手こずる。
特に右手の外クリップがうまくできない。

ココ、やさしめ設定のコースがあるようで、なんとか5・9 5・10aをクリアー。
いまのところ、それほど腕もパンプしていない。
最近はじめた秘密トレーニングのおかげか!

といっても2日に一度5分間、タンスにぶらさがっているだけだが・・・・・・・・・


秘密トレーニングの様子 この体勢を保持するだけ
training2009_4_12.jpg


え~~~・・・ まあそれはさておき、逆クリップを2度もやってしまった。
2度とも、右手の外クリップの時だ。
友人に指摘されてすら「逆クリップじゃない!」と言い張る僕であったが、明らかに逆クリップである。

で、この逆クリップを外し、正しくかけ直す作業が結構大変で
手間取っているうちに、片手での体勢保持の時間がどんどん長くなりパンプ!
クリッピング時にフォールするという、もっともやってはいけない状況の寸前までいった。

いやあ、やばいやばい・・・・・

なので、基本にたちかえる事に
スラブ系のやさしい壁に取り付き、ホールド自由でクリッピングの練習をする。

さらに、ロープ引き上げ時に、ロープを口でくわえ
クリッピングをスムーズかつスピーディに行う動作も取り入れてみる。
よしよし、だんだん良くなってきた。

と、一連の動作がなじんできたところで初めてのリードクライミングは終了

もう2~3回クライミングジムで練習したら
外の岩場(ゲレンデ)での講習を受けようかなあ・・・・・

すべてはアルパインクライミングバリエーションルートを行うためなのだ!

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif