2017年5月20日、権現堂山登山の模様です。 登山形態:単独
権現堂山登山:戸隠神社→下権現堂山→上権現堂山→中越コース→戸隠神社





早朝、関越道の車中泊場所を出発。
半時ほどのドライブで小出IC下車、買出しと用足しを済ましつつ、程近い登山口へ到着。



二月の左足首骨折以来、約三ヶ月ぶりの登山。
万全とは程遠い状態だが、ようやく引いてきたしつこい痛み。 大好きな魚沼地域から再開の歩を始める。




click_to_expand_12.gif    田んぼに映える八海山
thum_Gongendouyama_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    権現堂山
thum_Gongendouyama_2017_0002.jpg






身繕いを整えると7時前、戸隠神社の鳥居を潜って入山。
ゆるゆると石段を上ると、神社の横から登山道となる。






click_to_expand_12.gif    戸隠神社から入山
thum_Gongendouyama_2017_0003.jpg






やがて尾根道となると豪雪地域の山らしく、すぐに視界が開ける。
魚沼の田園風情や、春の花を愛でながら、ゆっくりと歩いて行く。






click_to_expand_12.gif    早くも視界が開ける
thum_Gongendouyama_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    ウラジロヨウラク
thum_Gongendouyama_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    下権現堂山を仰ぐ
thum_Gongendouyama_2017_0006.jpg






ブナ林を抜け弥三郎清水で喉を潤すと、程なく大岩に出る。
裏越後三山の展望台となっており、腰を落ち着け暫し風景を眺める。






click_to_expand_12.gif    裏越後三山
thum_Gongendouyama_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    麓に広がる田園
thum_Gongendouyama_2017_0008.jpg






尾根を上りつめ9時半前、下権現堂山に到着すると、ここから展望の稜線歩きとなる。
花と残雪の風景、魚沼の春を味わいつつ独り歩く。






click_to_expand_12.gif    下権現堂山から守門岳
thum_Gongendouyama_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    イワウチワ
thum_Gongendouyama_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線のアズマシャクナゲ
thum_Gongendouyama_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    下権現堂山を振り返る
thum_Gongendouyama_2017_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    これから向かう上権現堂山
thum_Gongendouyama_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    タムシバ
thum_Gongendouyama_2017_0014.jpg






11時頃、上権現堂山へ到着。
暫く憩うと来た道を引き返し、稜線上の中間点である中越より、中越コースへ入る。






click_to_expand_12.gif    上権現堂山から唐松山方向
thum_Gongendouyama_2017_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    浅草岳
thum_Gongendouyama_2017_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線を戻りつつ上権現堂山を振り返る
thum_Gongendouyama_2017_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    中越コースのイワウチワ群落
thum_Gongendouyama_2017_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    谷筋の残雪
thum_Gongendouyama_2017_0019.jpg






残雪で埋まった谷筋を下っていき、やがてトラバースするように付いた夏道が見えるとほっと一息。
踏ん張りが利かない左足首に頼りなさを感じつつ、辛抱の下り道。






click_to_expand_12.gif    イワカガミ
thum_Gongendouyama_2017_0020.jpg








click_to_expand_12.gif    ミツバツツジ
thum_Gongendouyama_2017_0021.jpg








click_to_expand_12.gif    エチゴキジムシロ
thum_Gongendouyama_2017_0022.jpg






2時過ぎ、戸隠神社へ下山。
美味しい十割蕎麦で小腹を満たし温泉で汗を流すと、勝手知ったる車中泊場所で麦酒。






click_to_expand_12.gif    新潟に乾杯
thum_Gongendouyama_2017_0023.jpg






翌朝、残雪豊富な奥只見を観光、地酒と地ビールを購入すると大好きな当地を後にした。






click_to_expand_12.gif    奥只見シルバーラインから駒ケ岳
thum_Gongendouyama_2017_0024.jpg








click_to_expand_12.gif    唐松山~権現堂山
thum_Gongendouyama_2017_0025.jpg








click_to_expand_12.gif    石抱橋から駒ケ岳
thum_Gongendouyama_2017_0026.jpg








click_to_expand_12.gif    荒沢岳
thum_Gongendouyama_2017_0027.jpg








click_to_expand_12.gif    奥只見ダムから
thum_Gongendouyama_2017_0028.jpg






久し振りに入山し、登山は僕の生活の一部である事を、改めて感じている。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2017年1月29日、坂戸山登山の模様です。
坂戸山登山:鳥坂神社→薬師尾根→坂戸山





昨日の権現岳から移動し、車中泊していた長野飯山を早朝出発。
快適なドライブで六日町まで移動。 当地はこの時期(冬季)の貴重な青空、これを逃す手はない。



暫し散策の後、程よい駐車場に車を停めると身繕い。
8時半頃、ゆるゆると歩き出した。



鳥坂神社より暫し登ると、赤い鳥居の建つ薬師尾根へでる。
流石は「毎日登山」の山、ラッセルとはならず、展望の良い急尾根を登って行く。




click_to_expand_12.gif    雪に埋まる鳥居
thum_Sakadoyama_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    程なく視界が広がる
thum_Sakadoyama_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山や飯士山
thum_Sakadoyama_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    金城山まで尾根が続く
thum_Sakadoyama_2017_0004.jpg






段差の激しいトレースと、ハイペースで次々に登ってくる登山者の圧力。
落ち着いた悠々登山とはならなかったが、約一時間ほどで坂戸山山頂に着いた。



標高600m程とは思えない、素晴らしい展望だ。
大好きな魚沼山塊や谷川連峰等が、田園を麓に聳える、雪国ならではの景観が広がる。






click_to_expand_12.gif    八海山
thum_Sakadoyama_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    中ノ岳~ネコブ山
thum_Sakadoyama_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    魚野川流れる田園風景が広がる
thum_Sakadoyama_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    坂戸山山頂部
thum_Sakadoyama_2017_0008.jpg






何時までも眺めていたいが明日は仕事、半時ほどで山頂を後に下っていく。





click_to_expand_12.gif    雪稜を振り返る
thum_Sakadoyama_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    クライマー発見
thum_Sakadoyama_2017_0010.jpg






11時過ぎ、下山。 越後の雪景色に舌鼓、穏やかな冬の半日でした。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年11月5日、飯士山登山の模様です。 登山形態:単独
飯士山登山:神弁橋→標尾ノ頭→鋸尾根→飯士山→西峰→岩原





魚野川を神弁橋で渡ると7時前、飯士山へ向けゆるゆると歩き出した。
程なく尾根へ取付くと、木の根などを手掛かりに、急斜面を上って行く。



2時間弱で鋸尾根の岩稜帯。
快晴の秋晴れのもと視界が開けると、谷川連峰等が望まれるようになる。




click_to_expand_12.gif    標尾ノ頭から鋸尾根を望む
thum_Iijisan_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    中腹の色付きは終盤
thum_Iijisan_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    谷川連峰等
thum_Iijisan_2016_0003.jpg






最低鞍部より上り返し、展望の良い尾根を進むと、岩原からの道との合流点である南峰。






click_to_expand_12.gif    スラブ状の山肌
thum_Iijisan_2016_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    もうすぐ南峰
thum_Iijisan_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Iijisan_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    飯士山頂
thum_Iijisan_2016_0007.jpg






もう一歩きで10時半前、飯士山山頂へ到着。
西峰まで足を伸ばし、のんびりと風景を眺めながら過ごす。






click_to_expand_12.gif    谷川連峰を一望
thum_Iijisan_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    苗場山等
thum_Iijisan_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    西峰から本峰
thum_Iijisan_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    魚沼らしい風景
thum_Iijisan_2016_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    魚沼三山~巻機山
thum_Iijisan_2016_0012.jpg






およそ2時間も憩うと山頂を後に。
リフト山頂方向へ尾根を歩くと、スキー場のゲレンデを適当に下っていく。






click_to_expand_12.gif    ゲレンデ上部から山頂を仰ぐ
thum_Iijisan_2016_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    麓の色付き
thum_Iijisan_2016_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    大源太山・七ツ小屋山
thum_Iijisan_2016_0015.jpg






40分ほどで麓まで下ると、暫しの車道歩き。
2時半前、神弁橋まで戻った。






click_to_expand_12.gif    戻る道すがら
thum_Iijisan_2016_0016.jpg






今年最後の秋山は、のんびりハイクとなりました。 また来秋が楽しみだ。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村