2015年2月16日、鳳凰山登山、登頂の模様です。
鳳凰山登山:鳳凰小屋→地蔵岳→観音岳→御座石鉱泉





6時前、テントを出発。
やがて黎明を迎え、雪面に赤い斑点が浮かぶ。



click_to_expand_12.gif    木漏れ日が赤い斑点となる
thum_Hououzan02_2015_0001.jpg



半時ほどで森林限界を超えると、開けた展望に感嘆しつつ、雪面を独り登って行く。
冬特有、群青に広がる空が気持ち良い。



click_to_expand_12.gif    群青の空
thum_Hououzan02_2015_0002.jpg






click_to_expand_12.gif    観音岳
thum_Hououzan02_2015_0003.jpg






click_to_expand_12.gif    オベリスク
thum_Hououzan02_2015_0004.jpg



7時過ぎ、地蔵岳(オベリスク基部)に到着。
オベリスクへ登ろうとするが、残地ロープが岩溝に埋まって引っ張り出せずに断念(フリーで登るのは困難)。



click_to_expand_12.gif    観音岳と富士山
thum_Hououzan02_2015_0005.jpg






click_to_expand_12.gif    オベリスクより、白峰三山
thum_Hououzan02_2015_0006.jpg






click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳
thum_Hououzan02_2015_0007.jpg



赤抜沢ノ頭まで登り稜線へ出ると、谷を挟み対峙する白峰三山が圧倒的だ。
昨日吹き荒れていた強風も治まり、登山日和の中、稜線を辿る。



click_to_expand_12.gif    白峰三山が圧倒的
thum_Hououzan02_2015_0009.jpg






click_to_expand_12.gif    オベリスクを振り返る 奥は八ヶ岳
thum_Hououzan02_2015_0010.jpg






click_to_expand_12.gif    薬師岳と富士山
thum_Hououzan02_2015_0011.jpg



9時半前、鳳凰山最高峰である観音岳へ到着。
後立山や頚城山群まで望まれる好条件の中、風景を望みつつ憩う。



click_to_expand_12.gif    仙丈ケ岳
thum_Hououzan02_2015_0012.jpg



薬師岳まで歩き、2011年冬(夜叉神峠より登頂)と同様、鳳凰三山縦走としたかったのだがダイムアップ。
来た道を引き返して行く。



click_to_expand_12.gif    素晴らしい
thum_Hououzan02_2015_0013.jpg



コルより近道(ノートレース、各所で蟻地獄)で鳳凰小屋まで下ると、改めて大ザックを背負い下山を開始。
昨日の強風と乾雪の為、いやらしいトラバースのトレースが消失しており、時折胸まで埋まるラッセルと格闘。


悶絶を繰り返し燕頭山まで来るとようやく落ち着いて歩けるようになり3時半、麓まで下った。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2015年2月15日、鳳凰山登山、初日の模様です。
鳳凰山登山:御座石鉱泉→燕頭山→鳳凰小屋





7時過ぎ、御座石鉱泉をゆるゆると、鳳凰山へ向け歩き出した。
積雪で夜叉神峠への車道が通行できない事もあり、御座石鉱泉からの入山となった。



click_to_expand_12.gif    御座石鉱泉を出発
thum_Hououzan01_2015_0001.jpg



一登りした西ノ平辺りから雪道となるが、比較的明瞭なトレースがあり、ありがたく辿らせて頂く。
北海道東部の発達した低気圧の影響で、樹林帯でも時折冷たい強風が吹きぬける。



click_to_expand_12.gif    下山時にも出会ったカモシカ。 堂々としており、この辺の主か・・・
thum_Hououzan01_2015_0002.jpg



燕頭山まで尾根伝いに登ると、その先の二つあるピークは北面より巻く。
急な雪面のトラバースというのは、なかなかキツいもので、トレースが無かったら往生するところだ。



click_to_expand_12.gif    樹間より望む地蔵岳
thum_Hououzan01_2015_0003.jpg



途中、数組の下ってくる登山者とすれ違いつつ、順調にトレースを辿り、2時過ぎ鳳凰小屋へ到着。
冬季に、これだけゆとりを持って目的地まで辿り着いたのも久々、まったり平坦地を整地すると幕営。



click_to_expand_12.gif    鳳凰小屋到着
thum_Hououzan01_2015_0004.jpg






click_to_expand_12.gif    お宿完成
thum_Hououzan01_2015_0005.jpg



明日の下見を終えるとテントへ入り水作り、スープパスタで腹を満たすと7時過ぎ、シュラフへ。
ようやく風も治まってきたようだ。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



2011年2月5~6日、鳳凰三山登山2日目、鳳凰山登頂の模様です。
鳳凰三山登山コース:夜叉神峠→ガマの岩付近(幕営)→薬師岳→観音岳→地蔵岳
鳳凰三山登山初日の模様はコチラ



冬型が緩む天気予報に誘われ、以前から歩いてみたかった鳳凰三山を歩いてきた。

夜明け前の3時40分頃、ガマの岩付近に張ったテント内、シュラフからもぞもぞと這い出す。
それほど寒かった訳ではないのだが、いつもどおりあまり眠れなかった。

歯を磨くとお湯を沸かし、粉末緑茶で体を温める。
朝からグゥグゥ 腹っぺらしの僕、みそラーメンを流し込むと、寝具・コッフェル等をザックにまとめる。

徐々に明るくなりつつある外へでると星がでており快晴、よしよし!

テント撤収、でかザックと共にここへデポ。
簡易ザックに衣類・水・食料等を詰め6時10分頃、鳳凰山へ向けゆるゆると歩き出した。

10分ほども上ると森林限界で、白峰三山・悪沢岳・仙丈岳・富士山等がずっず~~~~~ん っと
夜明け前、黎明間近の空に静かに佇む山々に息を呑む僕。  たまらん・・・・・・・・

click_to_expand_12.gif    黎明間近の白峰三山
thum_Hououzan2_2011_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    薬師岳を仰ぐ
thum_Hououzan2_2011_0002.jpg

軽くコルまで下ると雪に埋もれた薬師小屋でテント2張
小屋まわりを散策してみるがしっかり戸締り、やはり冬季開放はしていないようである。

ここから薬師岳へ暫し上ったところでご来~~光~~~

click_to_expand_12.gif    お日様登~場~~
thum_Hououzan2_2011_0005.jpg
 
っで当然 モルゲンロートに染まる白峰三山や、靄から頭を出し静かに聳える富士山が美しいのさ。
ここからは絶景のるつぼ、歩みが進まない。 いつも思う事だが、やっぱり山は朝に限るのだ!

click_to_expand_12.gif    モルゲンロートきた~~~
thum_Hououzan2_2011_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    仙丈ケ岳にも陽が射す
thum_Hououzan2_2011_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    刻一刻と表情を変える白峰三山
thum_Hououzan2_2011_0006.jpg

痺れるような高揚感に包まれつつ歩き7時頃、薬師岳へ到着。
っとここで思っていたとおり八ヶ岳が姿を現す。

この時期、何故か雲が流れ込んで、稜線を雲で覆われている事の多い八ヶ岳も今日はにょっきり。
下界が霞んでいる為、その連なりが、空中に浮かんでいるかのように望まれている。

click_to_expand_12.gif    八ヶ岳がにょっきり
thum_Hououzan2_2011_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    観音岳方面へこれから歩く尾根が伸びる
thum_Hououzan2_2011_0007.jpg

また今日の富士山は美しく、何度も足を止めては振り返ってしまうのだ。

click_to_expand_12.gif    何度も富士山を振り返る
thum_Hououzan2_2011_0009.jpg

click_to_expand_12.gif    南アルプス南部 水墨画のような陰影が美しい
thum_Hououzan2_2011_0010.jpg

だんだんと鮮明さを増していく白き連なり「白峰三山」は相変わらず凄んっげ~~~し・・・・・

風景に見惚れつつ、更に緩やかな尾根を上っていくと7時40分頃
鳳凰三山最高地点である観音岳へ着いた。

でここで思っていたとおり甲斐駒ケ岳が姿を現し、その向こうには
乗鞍岳・穂高連峰・槍ケ岳・後立山、妙高などの頸城山群、白き峰々がずっら~~~~~~っと
今回も風景丸見えで最高!
当然天気予報をチェックして、晴れそうな時に登っているにしても、今冬に入ってから外れ知らずの僕。
幸せだ・・・
耽溺の一時を過ごすと、次なるピーク地蔵岳へ向け出発する。

click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳 背後に北アルプス
thum_Hououzan2_2011_0011.jpg

click_to_expand_12.gif    鮮明になる白峰三山
thum_Hououzan2_2011_0012.jpg

30分ほどかけ標高差200mほどの下りでコルへ

click_to_expand_12.gif    相変わらず何度も富士山を振り返る
thum_Hououzan2_2011_0013.jpg

軽アイゼンの為、時折足をとられつつ急雪斜面を15分ほど上り返すと赤抜沢ノ頭へでる。
ここまでくると、いよいよ天指す地蔵岳(オベリスク)も近く、その様は正に鳳凰山の象徴である。

click_to_expand_12.gif    鳳凰山の象徴 オベリスク
thum_Hououzan2_2011_0014.jpg

いったん軽く下り、岩の取り付き点付近まで軽く上り返すと、ここでアイゼンを外す。

これから登るオベリスクが近づく

thum_Hououzan2_2011_0019.jpg

暫し岩ゴロを上り、山頂付近から垂れ下がっている残地ロープの真下までやって来る。

さあ 攀じりますか・・・
thum_Hououzan2_2011_0018.jpg

凹凸の無い岩質で頼れそうなホールドも無い為、基本的にロープに体重を預けて上らざるをえない。
また、ソールが硬い冬靴の為、全くグリップが利かず、小さい突起に足を乗り上げたり
岩の隙間に強引に靴をねじ込んだりして攀じっていく。
う~~~~~む・・・ 案外手こずっているなぁ  完全に舐めてたなぁ・・・

とはいえ、ほどなくするとロープを上りきり、更に岩をひと登りで地蔵岳(オベリスク)に立つ僕。
2~3分すると友人Pも攀じ登ってきて、狭い山頂に二人で座って風景を眺める。

観音岳の向こうに富士山・雪被る赤抜沢ノ頭の向こうに白峰三山、などの絵になる景色を味わう。
いやぁ やっぱりここまで攀じ登ってきて良かった!
(クライムダウンの事が気になるらしく、Pはなんだか落ち着かない様子ではあるが・・・)

click_to_expand_12.gif    オベリスクから白峰三山
thum_Hououzan2_2011_0016.jpg

click_to_expand_12.gif    仙丈ケ岳・甲斐駒ケ岳
thum_Hououzan2_2011_0015.jpg

click_to_expand_12.gif    観音岳と富士山
thum_Hououzan2_2011_0017.jpg

30分ほども風景に浸ると9時45分頃、ここからの下りの歩程も長く、又キリも無いのでそろそろ下る。
慎重にクライムダウンして、ロープ地点をやり過ごすとホッと一息。
再びアイゼンを装着し一服すると、来た道を引き返していく。

11時過ぎ、観音岳まで登り返し、再度ここで休憩。
風景の見納めをしていると、日帰り登山者が何組かやって来た(そんなハードな事をよくやるねぇ)。

12時前、幕営地点であるガマの岩付近までやってくると、デポしてあった大ザックを改めて背負い
本格的に下りを開始する。

小春日和の陽気のなか、樹林帯をほぼ気持ちよく歩き

click_to_expand_12.gif    木漏れ日の樹林帯を歩く
thum_Hououzan2_2011_0020.jpg

足小指が摺れて(靴紐をしっかり結ばなかった為か?)猛烈に痛くなってきた3時40分頃
夜叉神峠駐車場まで戻ったのだった。

望んでいた数々の絶景と天候に恵まれ、楽しい登山となった。

東日本大震災の義援金はコチラからどうぞ



登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村