2017年9月10日、天狗ノ頭登山2日目の模様です。
天狗ノ頭登山:天狗山荘→白馬鑓温泉→猿倉





早朝起床、稜線の風強くガス模様。
ヤマテン予報、「風も穏やかで概ね晴れの登山日和」 ぬぁ~にぃ~~~っ!!!



が、意気消沈の面持ちで朝飯を喰らい、うだうだ過ごしていると、晴れてくるガス。
も、テントを撤収する頃には、再び辺りを覆う濃密なガス。



昨年末から続く個人的な悪循環と、最近の天候不良を象徴している(先週の飯豊もガス)。
フライシートに包まり暫く待機するが、晴れる様子無く白馬三山縦走中止、来た道を引き返す。



が、大出原まで下る頃には、稜線から消えるガス。
も、今更上り返す気力無く、ただ自嘲する僕。 そして溜まるばかりの鬱憤・・・



白馬鑓温泉のキンポウゲ群落に、幾らか気分も和みつつ、ゆらゆら下山。
「人間万事塞翁が馬」 として、心を宥めるしかない。




click_to_expand_12.gif    今日唯一の見所 鑓温泉のキンポウゲ
thum_Tengunokashira02_2017_0001.jpg









click_to_expand_12.gif    北アルプスだけあり、絵面は良い
thum_Tengunokashira02_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tengunokashira02_2017_0003.jpg






下山後、ヤマレコの登山者レポートで判明した事実に愕然。
この日、白馬岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳等は晴れたらしい。 こんな事ってあるんだね・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2017年9月9日、天狗ノ頭登山初日の模様です。
天狗ノ頭登山:猿倉→白馬鑓温泉→天狗ノ頭→天狗山荘





8時過ぎ、早くも満車の猿倉駐車場へ到着。 恐るべし北アルプス。
何とか空スペースを見つけると強引に駐車。 着替えるとゆるゆる出発。



猿倉荘より斜面を上り、合流した車道を暫し進んだ分岐を左へ。
緩やかな尾根道から、やがてトラバースでじりじり高度を上げ小日向のコルまで。




click_to_expand_12.gif    白馬岳を仰ぐ
thum_Tengunokashira01_2017_0001.jpg






ここからは杓子岳や鑓ケ岳が望まれる開けた視界の道。
幾つもの沢を越えつつ進み白馬鑓温泉まで来ると、キンポウゲ群落のお出迎えだ。






click_to_expand_12.gif    天狗の頭方向
thum_Tengunokashira01_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    杓子岳方向
thum_Tengunokashira01_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    サラシナショウマ
thum_Tengunokashira01_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    ヤマルリトラノオ
thum_Tengunokashira01_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    シロウマアサツキ
thum_Tengunokashira01_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    鑓温泉周辺のミヤマキンポウゲ群落
thum_Tengunokashira01_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    斜面一面に咲いていた
thum_Tengunokashira01_2017_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    ミヤマタンポポ
thum_Tengunokashira01_2017_0009.jpg






既に温泉に浸かっている登山者を後に、鎖交じりの急登で高度を稼ぐ。
大出原周辺にはチングルマ果穂群落が広がっており、花の最盛期に是非訪れたいものだ。






click_to_expand_12.gif    鑓ケ岳東面の岩峰群
thum_Tengunokashira01_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    チングルマ果穂大群落
thum_Tengunokashira01_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    夏山名残
thum_Tengunokashira01_2017_0012.jpg






ガレ場の急斜面を上りきると3時過ぎ、稜線へでた。
南へ暫く進んだ天狗山荘は、盛夏でもないのに混雑のテント場。 恐るべし北アルプス。






click_to_expand_12.gif    稜線から白馬鑓ケ岳
thum_Tengunokashira01_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    天狗ノ頭へ続く稜線
thum_Tengunokashira01_2017_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    アズマギク
thum_Tengunokashira01_2017_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    ウルップソウがまだ咲いていた
thum_Tengunokashira01_2017_0016.jpg






それでも、最下段のお一人様専用スペースを確保。
幕営して落ち着くと、天狗ノ頭まで足を伸ばし夕景を楽しむ。






click_to_expand_12.gif    天狗ノ頭から北方を望む
thum_Tengunokashira01_2017_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    南方に唐松岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳
thum_Tengunokashira01_2017_0018.jpg






6時前、テントへ戻り夕餉。 7時半頃シュラフへ。
ヤマテンによると、明日は風も穏やかで登山日和との事だが・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年11月26日、唐松岳登山二日目の模様です。 登山形態:単独
唐松岳登山:標高2280m地点→丸山→唐松岳→八方尾根→白馬





4時前、シュラフから這い出す。
昨夜降っていた雪もすっかり止み、予報どおりの快晴。



ガスバーナー故障で火が使えない為、行動食を冷たい水で流し込み朝食とする。
用足しを終えると夜明け前の6時過ぎ、幕営地を出発。




click_to_expand_12.gif    純白の雪面と雲海の夜明け前
thum_Karamatsudake_2016_0001.jpg




夏道通しに、シグザグのトラバース路から尾根へ上がる頃、黎明。
視界も全開となり、独り気持ちよく尾根を歩く。




click_to_expand_12.gif    朝日浴びる白馬三山
thum_Karamatsudake_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    昨冬踏んだ五竜岳
thum_Karamatsudake_2016_0003.jpg






各所の吹き溜まりで足を取られる為、ワカンを装着するが
丸山を過ぎ明瞭な尾根道になると、アイゼンで問題なく進む。






click_to_expand_12.gif    天狗尾根
thum_Karamatsudake_2016_0004.jpg






展望漫歩。 雲海を麓に後立山の峰々が美しい。






click_to_expand_12.gif    唐松岳へと尾根を行く
thum_Karamatsudake_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬三山
thum_Karamatsudake_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    尾根を振り返ると雲海の先に戸隠・頚木・海谷山塊
thum_Karamatsudake_2016_0007.jpg






8時半頃、稜線へ出ると吹きさらしとなるが、風も比較的穏やか。
さらに半時ほど歩くと、唐松岳山頂。 広がる眺望を肴に暫し憩う。






click_to_expand_12.gif    冬季閉鎖中の唐松小屋
thum_Karamatsudake_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    薬師岳~立山~剣岳
thum_Karamatsudake_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    北に主稜線を望む
thum_Karamatsudake_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    南に五竜岳を望む
thum_Karamatsudake_2016_0011.jpg






存分に風景を堪能すると、来た道を引き返して行く。
11時頃、幕営地まで戻りテント撤収。 改めて重くなったザックを背負い下山を開始。






click_to_expand_12.gif    下りから鹿島槍ヶ岳・五竜岳
thum_Karamatsudake_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬三山を道連れに下る
thum_Karamatsudake_2016_0013.jpg






八方池辺りで、一人と擦れ違った以外は、誰とも会わない静かな道程。
途中ルートミスがありつつも2時半頃、下山。



スキー場オープン前を狙い、静かな雪山を楽しむ事ができた。




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村