【山登りたいのになぜ水泳なのか?】
僕はカナズチだった。息継ぎができなかったのだ。
これは沢登り(バリエーションルート)での登山には大きな障壁になるのでは
そう思い、水泳に挑戦している次第である。



昨日、久しぶりにプールへ行った。今回で5回目になるであろうか
前回までの骨折りの末、なんとかコンスタントに、平泳ぎで25m泳げるようになったとはいえ
「気持ちいい」 とか 「楽しい」 といレベルには達しておらず
むしろ、「苦しい」 とか 「辛い」 というレベルの泳ぎであるので
プールに行くのは非っ常~~~~~に憂鬱なものである。

久しぶりでちょっと不安だったが、泳ぎ始めてみるとコンスタントに平泳ぎで25mは泳げる。
が、今回も相変わらずつらい。
カナズチだった事を考えると進歩したものだとも思うが、ち~~~っとも気持ちよくない。

「今日も進歩なしか~~~」 ってな感じで、1時間30程もぱしゃぱしゃ泳いだ後
疲れてきた事もあり、完全に脱力して泳いでみると、「ん・・・・・? なんだか楽だぞ」
息継ぎがとっても楽である。

で、この脱力した状態で、足を蹴るタイミングを遅らせてみたり、2ストローク1呼吸にしてみたり
色々試しているうちに、どんどん楽に泳げるようなって行くのが分かる。
足で水を蹴る感覚もようやくつかめてきたし、呼吸法もスムーズになった。
「俺、ちゃんと泳げてんじゃん」 なんだかこれ 「気持ち~~~」  とすら感じるではないか!!!

これでなんとか 「ぱしゃぱしゃ」  から  「すい~~~」  へステップアップできたのではないだろうか。
「ポイントは脱力にあり」であった。

しかし、果たしてこの泳力が沢登りにどれほど役立つのだろうか・・・・・・・・・・
沢登りにはどの程度の泳力が必要なのかも分からない僕であった。

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  


僕、沢登りに挑戦してみたいのだが泳げない。
で、これはイカンという事で水泳を練習しているのだ。

昨日近所のプール「パノラマプール十条台」へ行った。
今回で3度目のプールとなる。

初回は評判の高い教則本「基礎からマスター水泳」を読んで挑んだのだが
僕には合っていないようで、まったく進歩がなかった。

先週は高額の受講料を払い、水泳の個人指導を受けた。
ドル平泳法から始め、なんとか平泳ぎで50m泳いだのだが、
息継ぎをする度に体が沈みすぎるため非常に苦しく
とても「泳げる」というレベルには到達できなかった。

今回はドル平泳法を完成させ、息継ぎの苦しさからの開放が目的となる。
ドル平泳法とは、息継ぎに重点を置いた泳法であり、近代泳法(平泳ぎ・クロールなど)習得への
前段階、アプローチとして有効だと言われている泳法だ。

                        ドル平泳法
2009_2_8_doruhira311.jpg

が、あいかわらず体が沈む。ひざがプールの底についてしまうほどだ。
臥し浮き状態では、しっかり体が浮いているのだが、息継ぎをする度、激しく沈む。
同行した友達に色々アドバイスをしてもらうのだが、原因がわからない。
う~む~~~~~~~~・・・・・・・・・・。

それでも無理矢理泳いでみると、ドル平および平泳ぎで25mはなんとか泳げる。
しかし苦しい。苦痛でたまらない。
「あ~~~ もう山行きた~~~~~~い!!」

2時間ほどバシャバシャ溺れ気味に泳ぎ、再び友達がアドバイスをする。
「試しに息継をしないで泳いでみろ」と。

すい~っと、け伸びをして、いつもどおり顔を上げる、がここで息継ぎをせず、再び顔を沈める。
そして、ドルフィンキックを2回打つ。
するとどうだ、体がすぐに浮いてくるではないか!!

通常、ドルフィンを3~4回打たないと浮かなかった体が、楽に浮くのだ。
どうやら、息継ぎ方法に問題があるようなので、試しに自然な感じで呼吸してみる。

と、楽だ。体の沈み込みが少ない。
そのままの勢いで、ドル平で泳いでいくと、楽に25m泳いでしまった。

つまり
呼吸時に空気を取り込もうとするあまり、体に無駄な力がはいり、体が沈んでいたようだ。

いや~~~ よかった。
今日なんの進歩もなかったら、どうしようかと思っていたところだ。

進歩を実感したところで、今回は終了。
次回はらく~~~~に平泳ぎで25m泳ぐことを目指す。

この先にきれいな風景がありますように!!

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif  



僕は泳げない。
息継ぎができないのだ。
以前、本栖湖でカヌーを練習中に
低体温症で小鹿のように震え、死にそうになった事があるくらいだ。

今後
・沢登り
・スキューバダイビング

・再びカヌーをやってみたいと思っているため、これは泳げるようにならなければイカン!

という事で、近所の温水プールに行ってきた。

こんなところ(北区営プール元気ぷらざ)
resize0151.jpg

事前に水泳の教則本(基礎からマスター水泳)を購入したり、風呂でもぐってみたり
準備万端ででかけた。
なんだかもう泳げるような気持ちになっていたのだ。

子供たちにまざって
ビート板でバシャバシャっとバタアシなんぞをやってみる。

バシャバシャッ・・・・  バシャバシャッ・・・・  バシャバシャッ・・・・・・・・

おどろくほど進まない!
教則本に書いてあった動作を思い出したり、友達のアドバイスを聞いたりして、
足首の角度、ひざの感じなんかを工夫してみるのだがうんざりするほど進まない。

バシャバシャやっている僕の横を 
子供がす~~~っ   年配の方がす~~~っ だ  う~~~~~~む・・・・・・・・・ 
クロールなんぞで息継に挑戦してみる。
が、本を読んだくらいで当然できるはずも無く。         
今後の見通しがまったくたたないまま1時間30分ほどで退散した。

非常~~~~~っに気が進まないが、来週も練習する予定。
僕もいつかは すい~~~っ すい~~~っ と優雅に泳ぎたいものである。

この先にきれいな風景がありますように!

 

 

楽しい登山ブログを探す

愉快な登山ブログを探す

 blogmura_bana.gif

fc2blog_bana.gif