光岳登山、2018年12月29日~31日の模様です。 登山形態:単独
行程:稜線標高2334m→センジヶ原→光岳→易老岳→仁田岳→易老渡→芝沢





(12月29日)


黎明前、幕営地を出発。
見当を付けておいた方向へ稜線を進み、昨日迷った地点を突破、正しいルートへ乗る。


やがて日の出を迎えると、静かな樹林にも陽光が差し、風景が躍動し始める。
汚れていない雪面を独り、ワカンでゆるゆると進んでいく。




click_to_expand_12.gif    樹間より黎明
thum_Tekaridake02_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    樹林帯のラッセルが続く
thum_Tekaridake02_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake02_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake02_2017_0004.jpg






三吉平のコルまでやってくると、雪で埋まったルンゼの上りとなる。
時折、胸まで埋まる踏み抜きを喰らいつつ、急雪面に喘ぐ。






click_to_expand_12.gif    ルンゼ上りから兎岳・聖岳
thum_Tekaridake02_2017_0005.jpg






上部で、夏道と違ったルンゼを経由したものの、二時間弱でようやく尾根と合流。
センジヶ原の雪原を過ぎると、光岳小屋に着く。






click_to_expand_12.gif    稜線と合流すると視界が全開となった
thum_Tekaridake02_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    イザルヶ岳・富士山
thum_Tekaridake02_2017_0007.jpg






開けていた視界も、山頂手前で再び樹林帯となり、判り辛い地形と相まってルートを失う。
山頂直下まで行ったにもかかわらず、引き返してみたりと暫しの右往左往。



それでも昼前、ようやく光岳山頂に到着。
久し振り、未踏であった百名山のピークを踏むと、暫し風景を眺め、来た道を戻る。






click_to_expand_12.gif    光岳から北に主稜線を望む
thum_Tekaridake02_2017_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    戻りつつ光岳を振り返る
thum_Tekaridake02_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    上河内岳方向
thum_Tekaridake02_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    イザルヶ岳を仰ぐ
thum_Tekaridake02_2017_0011.jpg






ラッセルを伴う冬季登山、上りと下りの所要時間の差は大きいもので、僅か二時間ほどでテントへ戻る。
これからテントを撤収し、先へ向かう気力も無く、連泊決定。



時間にゆとりがある為、のんびりと所要を済ませ、7時半頃シュラフへ。
行程が捗らないので、計画を大幅に縮小する事となりそうだ。







(12月30日)


6時40分頃、幕営場所を出発。
往路に付けた自分のトレースを辿りながら、樹氷の美しい尾根をゆるゆると歩く。




click_to_expand_12.gif    夜明け
thum_Tekaridake03_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake03_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake03_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake03_2017_0006.jpg






途中、一組の入山者と擦れ違いつつ易老岳までやって来ると、ここよりノートレース。
いったん下ると、起伏の少ない樹林帯の稜線となる。






click_to_expand_12.gif    樹間から聖岳
thum_Tekaridake03_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    上河内岳
thum_Tekaridake03_2017_0008.jpg






やがて希望峰への上りが始まると、久々のきついラッセル。
四足で全身を使い、雪を切り崩しながら強引に道を作っていく。



希望峰の手前で、二人組みの登山者と交差。
挨拶を交わすと、お二人のトレースを有難く辿り1時前、ようやく希望峰へ到着。



荷物を放置し軽身になると、30分ほどで仁田岳山頂を踏む。
行程的に、ここを本山行の最終ピークとし、来た道を引き返す事にする。






click_to_expand_12.gif    仁田岳へ向かう
thum_Tekaridake03_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    上河内岳・茶臼岳
thum_Tekaridake03_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    寡雪の聖岳
thum_Tekaridake03_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    仁田岳山頂から
thum_Tekaridake03_2017_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    光岳方向
thum_Tekaridake03_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    安倍奥方向
thum_Tekaridake03_2017_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    希望峰から茶臼岳
thum_Tekaridake03_2017_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    上河内岳
thum_Tekaridake03_2017_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    兎岳・聖岳
thum_Tekaridake03_2017_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    帰路から仁田岳を仰ぐ
thum_Tekaridake03_2017_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    光岳方向
thum_Tekaridake03_2017_0019.jpg






3時半頃、易老岳手前の平坦尾根まで戻ると、適地に幕営。
冬季単独登山の厳しさを改めて思いつつ、7時半頃シュラフへ。







(12月31日)


天気予報どおり曇天のなか、易老渡まで下ると雪も降り始める。
林道を黙々と歩き昼前、芝沢ゲートまで戻った。



当初計画(光岳~聖岳縦走)通りいかなかったが、冬山の充実感に包まれつつ
遠山郷の温泉で、心身ともに暖まる大晦日だった。






click_to_expand_12.gif    帰路のドライブ 西伊豆スカイラインから駿河湾越しの南アルプス
thum_Tekaridake04_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake04_2017_0002.jpg





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2018年12月28日、光岳登山初日の模様です。 登山形態:単独
光岳登山初日:芝沢→易老渡→易老岳→稜線標高2334m地点





朝5時過ぎ、芝沢ゲートを出発。
車両通行止めとなっている静かな林道を、独り黙々と歩く。



1時間半ほどで、登山口の易老渡へ到着。
林で雉を打つと、急斜面をジグザグにゆるゆると、変化の無い樹林帯を登る。



馬の背辺りまでやってくると徐々に雪林の様相で、凛とした樹氷が美しい。
思っていたより積雪が多く、やがてワカンを履いての歩行となる。




click_to_expand_12.gif    冬は樹氷が美しい
thum_Tekaridake01_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake01_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake01_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tekaridake01_2017_0004.jpg






1時過ぎ、易老岳で稜線へ到達すると南西、光岳方面へと進む。
この冬、一番乗りのようでノートレース。 脛丈ほどのラッセルに精を出す。






click_to_expand_12.gif    稜線へ出ると雪が深くなる
thum_Tekaridake01_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    光岳方向
thum_Tekaridake01_2017_0006.jpg






1時間半ほど歩いたところ、複雑な地形と勘違いでルートを見失う。
暫し右往左往しているうちに3時半、正しいルートの見当も付いたので、行動を終了。



適地を整地すると幕営、水作りの苦行。
冬は不確定要素が多く、なかなか予定通りに行かない。 明日どうなるか・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2017年1月5日、北岳登山三日目の模様です。 登山形態:単独
北岳登山:砂払→ボーコン沢ノ頭→アルキ沢橋→鷲ノ住山→夜叉神峠





池山吊尾根の幕営地にて起床。
程よい冬型の為、最終日にして晴天の赤石山脈。 このまま下ってしまうのは勿体無い。



ラーメンを食べ雉を撃つと、足元を固めて歩き出す。
美しい間ノ岳等の眺めに興じつつ、独りゆるゆると尾根を登っていく。




click_to_expand_12.gif    農鳥岳・間ノ岳
thum_Kitadake03_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    鳳凰山
thum_Kitadake03_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    広い尾根を登って行く
thum_Kitadake03_2017_0003.jpg






ボーコン沢ノ頭までやって来ると、北岳山頂部も登場。
満足するまで景色を味わうと、来た道を引き返す事にする。






click_to_expand_12.gif    昨日踏んだ北岳
thum_Kitadake03_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳・八ヶ岳
thum_Kitadake03_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    この眺めも見納め
thum_Kitadake03_2017_0006.jpg






幕営地まで戻ると、撤収&荷詰め。
重たくなったザックを背負うと9時前、下山を開始する。



池山御池手前で雪が薄くなると、アイゼンを脱ぐ。
池山ピークで休憩後、急な樹林帯を黙々と下降、11時半頃にアルキ沢橋着。



暫く車道を歩くと、夜叉神峠から入山した事を後悔させてくれる、鷲ノ住山への急斜面を上って行く。
しつこい上りに1時間半ほど喘ぐとようやく鷲ノ住山、更に暫し進むと車道へ合流。






click_to_expand_12.gif    北岳を仰ぐ
thum_Kitadake03_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    間ノ岳
thum_Kitadake03_2017_0008.jpg






最後の隋道、長く暗い夜叉神トンネルを抜けると、この旅も終わり。
3時過ぎ、夜叉神峠の駐車場まで戻った。



会心の登頂とはならなかったが、美しい風景を楽しめ、無事に山頂を踏む事が出来た。
未だ続く 「裏目の悪循環」 を考えると、まあ、「良し」としておこう・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村