ドコモAUソフトバンク、いったいどこの携帯電話山で繋がりやすいのか?

縦走などで、入山点と下山点が違う場合、山小屋や麓でタクシーが呼べるのか、っといった事が
ルートを組む為には是非知りたい情報である。

また、万が一遭難してしまった場合の事を考えると
繋がりやすい(電波状況が良い)携帯電話を持っているに越した事はない思う。

以前の記事で、一番AUが山で繋がりやすいようだ、っと書いてしまったものの
やはり基地局が多いドコモが一番安定しており、情報としても確実性があるというのが
各地(主に関東甲信越・東北南部)を歩いて感じた実感である。

実際に人里離れた山奥の道を車で走っている際に、「ドコモ通じます」っという看板を見かけたり
山小屋やタクシー会社に問い合わせた際に、「ドコモなら通じます、他の会社はわかりません」
っと言われたりした事もあるので、確実な情報で非常に心強い。

登山口の情報に特化した「登山口情報800」っという書籍には
各社の携帯電話の電波状況などが記載されており、こちらを参考するのも良いと思う。

関東周辺登山口情報800〈下〉北関東+新潟編関東周辺登山口情報800〈下〉北関東+新潟編
(2010/12)
全国登山口調査会

商品詳細を見る

ちなみに、ソフトバンクだけは論外である。


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



遭難対策として、ビバーク・ツェルト1アライテント)を購入した。

ツェルト」とは、不慮のアクシンデント・遭難等によりビバークを余儀なくされた場合
下図の様な方法により、風・雨・寒さ等から我が身を守る「簡易シェルター」の様なものである。

ツェルトの使用方法
araitent2010_0004.jpg

araitent2010_0005.jpg

以前から「買わねば」と思いつつも、なんとなく先延ばししてきたのだが
ロッククライミング・雪山といった「不慮のアクシデント」に出会う可能性の高い状況に身をおく事が
今後、増えるであろうと思われる事もあって、ようやく購入した。

ツェルトの必要性を説明
araitent2010_0006.jpg

araitent2010_0007.jpg

ポール・張綱を使って自立できるタイプのビバーク・ツェルト
自立できずに被って使用するビバーク・ツェルト・スーパーライト(ビバーク・ツェルト1より軽くて安い)
があり、どちらを買うか迷ったのだが、より多機能なビバーク・ツェルト1を選んだ。

アライテント(ARAI TENT) ビバーク・ツェルト1の詳細
アライテント スーパーライト・ツェルト1の詳細

試しに家でロープを使って自立させてみた。

ロープを天井部に通して自立
araitent2010_0002.jpg

この様な方法が一番簡単に自立できるのだが、周囲に手ごろな木等がある事が条件になる。

それ以外では、ポール・張綱により自立させる事となるのだが、山に行く度それらを携行するのも
嫌なので、今度は山用ストックで自立できるように工夫してみようと思う。

ボサッと拡げた感じ
araitent2010_0001.jpg

大きさを比較
araitent2010_0003.jpg

まあよくよく考えてみると、そもそもツェルトを自立させて使う事があるとも、あまり思えず
だったらより軽く安いビバーク・ツェルト・スーパーライトを買えばよかったかな~っと、軽く後悔している。

いずれにしても今後、登山の必須アイテムになる事は間違いない。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



山用携帯電話としてauの携帯電話を購入した。

例えば、僕が滑落して動けなくなったり、道迷いで遭難してしまった場合
救助を早く呼べるかどうかという事が非常に重要で
携帯電話が繋がるかどうかが、「生死を分ける事になりかねないだろう」と思うのだ。

今までは、ソフトバンクを使っていたのだが、まあどこの山へ行ってもほぼ通じない。

つい先日の三ツ峠山でも、僕の隣にテントを貼っていた人達は、普通に携帯電話で話していたのだが
僕のソフトバンクは、当然のように圏外であった。

で、これはまずいという事で、電波の強い、山でも繋がる可能性のある携帯電話会社はどこなのか
僕なりにグーグルで検索した結果、登山者の間でauの評判が良い事がわかってきた。

まあ、衛星携帯電話でも買えば一番良い事は分かっているのだが、非常に高価なものであるので
選択から外した。

ドコモは「mova(ムーバ)」時代は電波強かったらしいのだが、「FOMA(フォーマ)」になってからは
格段につながり辛くなったとの事である。

現在では基地局が格段に増えて、ドコモは非常に安定しています。

ソフトバンクに至っては「論外」らしい・・・・・・・・

で、なんか最近、auフェアを行っている携帯電話ショップが多く、本体価格0円で買えるという事なので
「こりゃぁ良い機会だな」と思い、auの携帯電話を購入した次第である。

山用に購入したauの携帯電話
keitaidenwa001.jpg

こういった事情を説明したにも係わらず
なんだか知らないが、かたくなにソフトバンクにこだわっている友人Pとの「電波の違い」ってやつを
次回の山行では見せ付けてやりたいものである。




っと以前は上記のような記事を書きましたが、現在ではやっぱりドコモが強かった。
詳細は 山で繋がる携帯電話は? の記事をどうぞ。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村