2017年9月25日、飯豊連峰登山二日目の模様です。 登山形態:単独
飯豊連峰登山二日目:門内岳→北股岳→頼母木山→地神山→天狗平





夜明け前の門内小屋テント場。 外を覗くと快晴。
久し振りに味わう、黎明時の山で迎える躍動感に、気分も高まる。



朝飯を喰らい荷物整理、用を足し落ち着くと、朝日も昇って来た。
門内岳で暫し景色を眺めると、ゆるゆると稜線を歩いて行く。




click_to_expand_12.gif    久し振りに山で眺める黎明
thum_Kitamatadake02_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    門内岳から北股岳方向
thum_Kitamatadake02_2017_0002.jpg






早秋の清々しい空気の中、独り静かに山を歩く幸せ。
ここ数ヶ月の天候不良と裏目で溜まっていた鬱憤も、ようやく晴れる。






click_to_expand_12.gif    門内岳方向を振り返る
thum_Kitamatadake02_2017_0003.jpg






6時40分頃、北股岳山頂。
心行くまで風景を眺めると、来た道を引き返す。






click_to_expand_12.gif    北股岳から大日岳
thum_Kitamatadake02_2017_0005.jpg







click_to_expand_12.gif    北方を望む
thum_Kitamatadake02_2017_0004.jpg






門内小屋まで戻るとテント撤収&水汲み。
改めて大ザックを背負うと、秋色の穏やかな稜線をゆっくり歩く。






click_to_expand_12.gif    二王子岳方向
thum_Kitamatadake02_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    胎内山辺りの彩
thum_Kitamatadake02_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    気持ちの良い稜線歩き
thum_Kitamatadake02_2017_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    扇ノ地紙直下の色づき
thum_Kitamatadake02_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    地神山辺りから稜線を振り返る
thum_Kitamatadake02_2017_0010.jpg






時間にゆとりがある為、昨日同様、地神北峰より頼母木山に寄り道。
秋の彩を楽しむと、地神北峰へ登り返して丸森尾根を下って行く。






click_to_expand_12.gif    頼母木山への道すがら 地神山を望む
thum_Kitamatadake02_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    地神北峰直下の彩
thum_Kitamatadake02_2017_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    頼母木山から地神北峰へ戻る道すがら
thum_Kitamatadake02_2017_0013.jpg






下山後、久し振りの梅花皮荘でゆっくり湯に浸かった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2017年9月24日、飯豊連峰登山初日の模様です。 登山形態:単独
飯豊連峰登山初日:天狗平→丸森尾根→頼母木山→地神山→門内小屋





朝、ここ最近恵まれない天候に不安を抱えつつ、川西町の車中泊場所を出発。
気圧の谷から徐々に回復しつつある空の下、お馴染みの道を暫しのドライブで天狗平まで。



着替え荷詰めると8時過ぎ、飯豊稜線を目指し、ゆるゆると歩き出す。
飯豊らしい急登の丸森尾根を黙々と進む。




click_to_expand_12.gif    雲も消え晴れてきた
thum_Kitamatadake01_2017_0001.jpg




11時半頃、丸森峰へ出ると、ようやく開ける視界。
山肌も色づきつつあり、秋の訪れを感じつつ登る。






click_to_expand_12.gif    丸森峰で視界が開ける
thum_Kitamatadake01_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    梶川尾根~扇ノ地紙を仰ぐ
thum_Kitamatadake01_2017_0003.jpg






およそ1時間ほどで稜線(地神北峰)へ出ると、越後側から沸き立つガス雲。
すっかり歩行意欲を失われ、暫し思案。 予定を変更し頼母木山方向へ下って行く。






click_to_expand_12.gif    地神北峰からエブリ差方面 ガスってしまった・・・
thum_Kitamatadake01_2017_0004.jpg






も、頼母木山でエブリ差岳等を眺めて粘っているうちに、徐々に消えていくガス。
ようやく巡ってきた追い風に気を良くし、再び地神山方面へ登り返す。






click_to_expand_12.gif    頼母木山辺りから地神山
thum_Kitamatadake01_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    エブリ差岳 晴れてきたぞ
thum_Kitamatadake01_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    再び地神山へ歩いて行く
thum_Kitamatadake01_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    頼母木山辺りの緩やかな草原帯
thum_Kitamatadake01_2017_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    地神山
thum_Kitamatadake01_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    地神北峰直下の彩 この辺りが一番きれいだった
thum_Kitamatadake01_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    エブリ差方向を振り返る
thum_Kitamatadake01_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    トンガリの地神北峰
thum_Kitamatadake01_2017_0012.jpg






今夜のお宿を門内小屋と決め(当初予定は梅花皮小屋)、秋色の稜線を歩く。
地神山から北股岳の間は僕の大好きなエリアで、本当に久し振りで気分が良い。






click_to_expand_12.gif    この稜線好き
thum_Kitamatadake01_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    扇ノ地紙辺りの彩 今年の色づきはくすみ気味だ
thum_Kitamatadake01_2017_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    飯豊本山方向
thum_Kitamatadake01_2017_0015.jpg






5時頃、門内小屋到着。
門内岳で風景の見納めをすると、幕営・水汲みでホッと一息。






click_to_expand_12.gif    門内岳から北股岳方向の夕景
thum_Kitamatadake01_2017_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    二王子の奥に落日
thum_Kitamatadake01_2017_0017.jpg






パスタで夕餉を済ますと7時半頃までラジオで潰す。
ず~っと続いている裏目が怖いので、敢えて天気予報を調べずにシュラフへ潜った。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2017年7月15日、秋田駒ケ岳登山の模様です。 登山形態:単独
秋田駒ケ岳登山:八合目→阿弥陀池→横岳→馬場の小路→男岳→笹森山





4時過ぎ、八合目駐車場を出発、 程なく黎明を迎える。
雲多めで午後から崩れる天気予報だが、いまのところ青空多め。 このまま晴れて欲しいところ・・・




click_to_expand_12.gif    男女岳を仰ぐ
thum_Akitakomagatake_S_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    道中、マルバシモツケが多い
thum_Akitakomagatake_S_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    雲間から日が射す
thum_Akitakomagatake_S_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    麓に田沢湖
thum_Akitakomagatake_S_2017_0004.jpg






ゆるゆると1時間ほどで阿弥陀池まで。
キスゲやヨツバシオガマ、チングルマの果穂がお出迎え。






click_to_expand_12.gif    上部へでた
thum_Akitakomagatake_S_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    チングルマ果穂
thum_Akitakomagatake_S_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    阿弥陀池
thum_Akitakomagatake_S_2017_0007.jpg






池のほとりより稜線へ登り横岳へ。
馬場の小路へ日が差し込むまで待つと、横長根を下って行く。






click_to_expand_12.gif    稜線から男女岳
thum_Akitakomagatake_S_2017_0008.jpg






やがて大焼砂の砂礫地となると、コマクサの群生が見られる。
盛りは過ぎてしまっているが、なかなか壮観である。






click_to_expand_12.gif    一面のコマクサ
thum_Akitakomagatake_S_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    女岳・男岳
thum_Akitakomagatake_S_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Akitakomagatake_S_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Akitakomagatake_S_2017_0012.jpg






分岐より馬場の小路(通称ムーミン谷)へ進むと、随所で咲くチングルマ。
どこか日本離れした牧歌的風景のなか、楽しく歩く。






click_to_expand_12.gif   
thum_Akitakomagatake_S_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    久し振りのエゾツツジ
thum_Akitakomagatake_S_2017_0014.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Akitakomagatake_S_2017_0015.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Akitakomagatake_S_2017_0016.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Akitakomagatake_S_2017_0017.jpg






8時過ぎ、男岳山頂。
遠望は利かないもののまずまずの空模様、半時ほど憩うと再び阿弥陀池まで。






click_to_expand_12.gif    男岳の稜線
thum_Akitakomagatake_S_2017_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    女岳を眼下に
thum_Akitakomagatake_S_2017_0019.jpg








click_to_expand_12.gif    男女岳 中央奥に岩手山
thum_Akitakomagatake_S_2017_0020.jpg








click_to_expand_12.gif    阿弥陀池ほとりのヨツバシオガマ
thum_Akitakomagatake_S_2017_0021.jpg






歩く人の少ない浄土平経由で八合目まで戻る。
まだまだ時間も早いので、笹森山まで足を伸ばす事に。






click_to_expand_12.gif    ヒナザクラ
thum_Akitakomagatake_S_2017_0022.jpg








click_to_expand_12.gif    アオノツガザクラ
thum_Akitakomagatake_S_2017_0023.jpg








click_to_expand_12.gif    湯森山
thum_Akitakomagatake_S_2017_0024.jpg








click_to_expand_12.gif    ハクサンチドリ
thum_Akitakomagatake_S_2017_0025.jpg








click_to_expand_12.gif    笹森山付近より秋田駒ケ岳
thum_Akitakomagatake_S_2017_0026.jpg






笹森山をピストンし、11時頃下山。
天気予報に悩まされ、思い通りの行程とはいかなかったが、遠路はるばる来て良かった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村