FC2ブログ

2019年10月17日、朝日連峰登山二日目の模様です。





早朝、平岩山辺りを出発。
朝日に照らされ、美しく染まる秋色に感嘆しながら、稜線を登って行く。




click_to_expand_12.gif    黎明前の山並み
thum_f-Asahirenpou02_2019_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    陽が射すと山肌が萌えてくる
thum_f-Asahirenpou02_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    大朝日岳を仰ぐ
thum_f-Asahirenpou02_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou02_2019_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    西朝日岳
thum_f-Asahirenpou02_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    鋭鋒の祝瓶山
thum_f-Asahirenpou02_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou02_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou02_2019_0010.jpg






7時40分頃、大朝日岳到着。
山頂からの眺めをひとしきり楽しむと、小朝日岳へと歩を進める。






click_to_expand_12.gif    美しくうねる稜線の背後に、飯豊連峰が連なる
thum_f-Asahirenpou02_2019_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    小朝日岳
thum_f-Asahirenpou02_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    袖朝日岳
thum_f-Asahirenpou02_2019_0013.jpg






例年より彩が悪く、エグみが薄いものの、秋の朝日連峰は美しい。
お日様待ちをしながらのんびりと歩き、小朝日岳・鳥原山と楽しく歩く。






click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou02_2019_0014.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou02_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    秋色の小朝日岳
thum_f-Asahirenpou02_2019_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    中岳以北の主稜線を望む
thum_f-Asahirenpou02_2019_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    大朝日岳を仰ぐ
thum_f-Asahirenpou02_2019_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    ブナに染まる鳥原山
thum_f-Asahirenpou02_2019_0019.jpg








click_to_expand_12.gif    小朝日岳を振り返り仰ぐ
thum_f-Asahirenpou02_2019_0020.jpg






湿原を抜け、小屋付近の水場で喉を潤すと、緩やかに下っていく、
金山沢まで下ると、上り返し、再び穏やかな尾根道。






click_to_expand_12.gif    鳥原湿原
thum_f-Asahirenpou02_2019_0021.jpg






やがて急斜面の下りが始まると、ゴールも近い。 3時前、朝日鉱泉へ戻った。
今年三度目(初夏・夏・秋)の朝日連峰も、満足な登山となった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2019年10月16日、朝日連峰登山初日の模様です。





早朝、東北道の車中泊場所を出発。
お馴染みのルートで朝日鉱泉へ、9時20分頃にゆるゆると出発。




click_to_expand_12.gif    朝日鉱泉から大朝日岳
thum_f-Asahirenpou01_2019_0001.jpg




ブナ林のなか進むが、今年の色づきは東北でも今一つ。
それでも、標高1300mを越えてくると、山肌が鮮やかになってくる。




click_to_expand_12.gif    東北といえど今年は彩が悪い
thum_f-Asahirenpou01_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    展望が開け、大朝日岳が見えると気分も揚がる
thum_f-Asahirenpou01_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    こちらは、小朝日岳
thum_f-Asahirenpou01_2019_0004.jpg






展望も広がり、対岸の中ツル尾根や小朝日岳を望みながら進む。






click_to_expand_12.gif    御影森山を仰ぐ
thum_f-Asahirenpou01_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    徐々に山肌も萌えてくる
thum_f-Asahirenpou01_2019_0006.jpg






1時半過ぎ、御影森山へ到着。
ここからは美しい山肌や大朝日岳等に感嘆しながら、至福の尾根歩きが続く。






click_to_expand_12.gif    御影森山から中沢峰方向
thum_f-Asahirenpou01_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    大朝日岳を常に望みながら歩く
thum_f-Asahirenpou01_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou01_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    小朝日岳~鳥原山
thum_f-Asahirenpou01_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou01_2019_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    御影森山を振り返る
thum_f-Asahirenpou01_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    秋色の稜線をアップダウン
thum_f-Asahirenpou01_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou01_2019_0014.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou01_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    平岩山
thum_f-Asahirenpou01_2019_0016.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou01_2019_0017.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou01_2019_0018.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_f-Asahirenpou01_2019_0019.jpg








click_to_expand_12.gif    大朝日岳も近づく
thum_f-Asahirenpou01_2019_0020.jpg








click_to_expand_12.gif    歩いた稜線が夕日色に染まる
thum_f-Asahirenpou01_2019_0021.jpg






平岩山まで登ると、楽しい一日も暮れた。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2019年9月27日、飯豊山登山二日目の模様です。 登山形態:単独





黎明前、本山小屋のテント場を出発。
稜線付近で夜が明け陽光が射すと、辺りが輝きだしてくる。




click_to_expand_12.gif    宝珠山方向 麓は雲海の下
thum_Iidesan02_2019_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    大日岳へと穏やかな稜線が続く
thum_Iidesan02_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    北股岳方向
thum_Iidesan02_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    櫛ケ峰
thum_Iidesan02_2019_0004.jpg






躍動する風景を楽しみながら、穏やかで広い道を、ゆっくり進む。
御西岳まで足を伸ばし、大日岳の美しい山体を拝むと、来た道を引き返す。






click_to_expand_12.gif    端正で美しい大日岳
thum_Iidesan02_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    御西岳から飯豊山方向
thum_Iidesan02_2019_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    パレットのよう
thum_Iidesan02_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    幾重にも伸びる尾根が美しい
thum_Iidesan02_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    会津若松方向 磐梯山が見える
thum_Iidesan02_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    大日岳を何度も振り返る
thum_Iidesan02_2019_0010.jpg






テント場まで戻り撤収・荷詰後、改めてザックを背負うと下山。
山肌の美しい彩りに見惚れながら、ゆるゆると歩く。






click_to_expand_12.gif    下る稜線
thum_Iidesan02_2019_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    下りながら大日岳
thum_Iidesan02_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    牧歌的な絵画のよう
thum_Iidesan02_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    下った稜線を振り返る
thum_Iidesan02_2019_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    切合小屋と種蒔山
thum_Iidesan02_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    カラフルな山肌
thum_Iidesan02_2019_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    飯豊山を仰ぐ
thum_Iidesan02_2019_0017.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Iidesan02_2019_0018.jpg






飯豊連峰らしく長い帰路を辿り3時半頃、大日杉まで戻った。
今年初の秋山は、上々の滑り出しとなった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村