FC2ブログ

2019年6月14日、朝日連峰登山二日目の模様です。
朝日連峰登山二日目:寒江山→中先峰→竜門山→日暮沢





5時頃、寒江山辺りを出発。
稜線を以東岳方向に歩いていく。




click_to_expand_12.gif    寒江山の奥に大朝日岳が覗く
thum_Kankouzan02_2019_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    北寒江山辺りから以東岳方向
thum_Kankouzan02_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    狐穴小屋辺りから相模山方向
thum_Kankouzan02_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    中先峰から以東岳
thum_Kankouzan02_2019_0004.jpg






陽光で鮮明になっていく風景を味わいながら、ぶらぶらと。
中先峰まで足を伸ばし、以東岳の山体に見惚れると、来た道を引き返す。



ヒナウスユキソウ・イワカガミ・ハクサンイチゲ・チングルマと、稜線を彩る花々。
緑と雪渓のコントラストも美しく、堪らない稜線歩きとなる。






click_to_expand_12.gif    ヒナウスユキソウ
thum_Kankouzan02_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    北寒江山辺りのチングルマ
thum_Kankouzan02_2019_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    陽光で輝く
thum_Kankouzan02_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    飯豊連峰
thum_Kankouzan02_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    イワカガミも群生する
thum_Kankouzan02_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    寒江山辺りから相模山
thum_Kankouzan02_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kankouzan02_2019_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    山肌を薄っすら紫に染めあげる
thum_Kankouzan02_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    西朝日岳方向 ゼブラ模様の山容が美しい
thum_Kankouzan02_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    山肌を覆うヒナウスユキソウ
thum_Kankouzan02_2019_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    袖朝日岳 尾根の奥に飯豊連峰
thum_Kankouzan02_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    随所で群生する
thum_Kankouzan02_2019_0016.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kankouzan02_2019_0017.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kankouzan02_2019_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    ハクサンイチゲとてんとう虫
thum_Kankouzan02_2019_0019.jpg






10時半頃、竜門山まで戻ると稜線を離れ、ユーフン山方面へ。
尾根から眺める展望も素晴らしく、帰路も飽きる事はない。






click_to_expand_12.gif    大朝日岳方向
thum_Kankouzan02_2019_0020.jpg








click_to_expand_12.gif    以東岳方向
thum_Kankouzan02_2019_0021.jpg








click_to_expand_12.gif    ユーフン山~竜門山
thum_Kankouzan02_2019_0022.jpg






清太岩山から暫く下ると、樹林帯へ入る。
ブナの新緑に囲まれながら下り2時前、日暮沢まで戻った。






click_to_expand_12.gif    麓から月山
thum_Kankouzan02_2019_0023.jpg






夏山満喫の二日間だった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2019年6月13日、朝日連峰登山の模様です。 登山形態:単独
朝日連峰登山初日:日暮沢→清太岩山→竜門山→寒江山





早朝、東北道の車中泊場所を出発。
山形道は月山までドライブ、30分ほどで日暮沢登山口に到着。



平日という事もあり、先行客は4~5台程度。
着替え荷物をまとめると8時40分頃、朝日連峰稜線へ向けゆるゆると歩き出した。




click_to_expand_12.gif    新緑が眩しい
thum_Kankouzan01_2019_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    樹間から月山
thum_Kankouzan01_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    リュウキンカ群落
thum_Kankouzan01_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    春告げるカタクリ
thum_Kankouzan01_2019_0004.jpg






残雪交じりの急登で1359m峰まで来ると展望も開けだし、清太岩山で視界全開となる。
新緑と残雪の美しい山岳風景を眺めながら、明瞭な尾根を進んでいく。






click_to_expand_12.gif    ユーフン山
thum_Kankouzan01_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    ノウゴウイチゴ
thum_Kankouzan01_2019_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    竜門山方向
thum_Kankouzan01_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    大朝日岳~西朝日岳
thum_Kankouzan01_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    寒江山~以東岳
thum_Kankouzan01_2019_0009.jpg






2時前、尾根を上り詰め、竜門山で稜線と合流。
稜線を北方に暫し下ると竜門小屋、ここで給水して重くなったザックを背負い、更に先へ。






click_to_expand_12.gif    稜線を寒江山方向へ進む
thum_Kankouzan01_2019_0010.jpg








寒江山周辺は花畑となっており、この時期はヒナウスユキソウやイワカガミが最盛期だ。
山肌を覆うほどの規模で群生しており壮観、なかなか歩程が捗らなくなる。






click_to_expand_12.gif    大好きなハクサンイチゲも随所で
thum_Kankouzan01_2019_0011.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kankouzan01_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    寒江山を仰ぐ
thum_Kankouzan01_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    ヒナウスユキソウが最盛期
thum_Kankouzan01_2019_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    牧歌的風景 袖朝日岳の奥に飯豊連峰が連なる
thum_Kankouzan01_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    群生するヒナウスユキソウ
thum_Kankouzan01_2019_0016.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kankouzan01_2019_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    山肌に咲きまくる
thum_Kankouzan01_2019_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    寒江山辺りから西朝日岳方向
thum_Kankouzan01_2019_0019.jpg








click_to_expand_12.gif    相模山方向
thum_Kankouzan01_2019_0020.jpg








click_to_expand_12.gif    イワカガミも乱れ咲き
thum_Kankouzan01_2019_0021.jpg








click_to_expand_12.gif    竜門山方向を振り返る
thum_Kankouzan01_2019_0022.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kankouzan01_2019_0023.jpg








click_to_expand_12.gif    寒江山の奥にトンガリの大朝日岳
thum_Kankouzan01_2019_0024.jpg








click_to_expand_12.gif    以東岳
thum_Kankouzan01_2019_0025.jpg






独り気の向くまま撮影散歩、4時過ぎにようやく寒江山山頂。
日が長いのを良い事に、6時頃までぶらぶらすると、楽しいうちに一日が終わった。






click_to_expand_12.gif    日本海に陽が落ちる
thum_Kankouzan01_2019_0026.jpg






明日もぶらぶら散歩の一日だ。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2019年6月10日、鳥海山登山の模様です。 登山形態:単独





5時半頃、吹浦口をゆるゆると出発。
舗装された階段で高度を上げると、やがて雪渓を歩くようになる。




click_to_expand_12.gif    展望地より鳥海山
thum_Shougatake_2019_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    常に日本海が望まれる
thum_Shougatake_2019_0002.jpg






7時前、長坂道で尾根と合流、分岐を南西へ笙ケ岳までアップダウン。
路傍のハクサンイチゲや鳥海山の展望等を楽しみながら歩く。






click_to_expand_12.gif    尾根へでると鳥海山頂部がド~ン
thum_Shougatake_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    ハクサンイチゲの道を行く
thum_Shougatake_2019_0004.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Shougatake_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    笙ケ岳
thum_Shougatake_2019_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    笙ケ岳山頂から
thum_Shougatake_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Shougatake_2019_0008.jpg






笙ケ岳で暫く憩うと来た道を戻り、御浜まで。 随所で咲くハクサンイチゲが美しい。
扇子森までのんびりと撮影散歩。






click_to_expand_12.gif    山肌に咲きまくるハクサンイチゲ
thum_Shougatake_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Shougatake_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Shougatake_2019_0011.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Shougatake_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    鍋森方向
thum_Shougatake_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Shougatake_2019_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    扇子森辺りから鳥海山を仰ぐ
thum_Shougatake_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    稲倉岳方向
thum_Shougatake_2019_0016.jpg






大好きなハクサンイチゲを存分に楽しむと、山頂は目指さずに来た道を戻る。





click_to_expand_12.gif    戻る道すがら笙ケ岳方向
thum_Shougatake_2019_0017.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Shougatake_2019_0018.jpg






昼過ぎ下山。 昨日の焼石連峰に続き、ハクサンイチゲ三昧の二日間でした。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村