天候不良でお山へ行けないので、山道具の紹介でもと・・・

二代目の冬靴として、ハンワグ(hanwag)社のフリクションGTXという靴を購入した。
日本では馴染みの無いメーカーだが、ヨーロッパでは名の知れたドイツの名門登山靴メーカーだ。

★各種ハンワグ登山靴はコチラ★

足を入れた瞬間、「こっ、これだ~~~!」っと一目惚れであった。
登山用品店の方によると、もともとドイツの靴は、日本人と相性がいいとの事だ。

見た目もなかなか格好いい
winter shoes2012

重量:820g(片足)
ゴアテックスデュラサーモ装備(断熱素材+ゴアテックス)
濡れやすい部分には皮を使用(皮は防水剤が載りやすい)
セミワンタッチアイゼン対応

っと必要にして十分なスペック
実際、幕営装備で長時間歩いたが、足が痛くなる事も無く、思ったとおり快適であった。

初代冬靴(重い・アッパーが硬すぎる・3シーズン目に浸水のため廃棄)とは雲泥の差
ハンワグ(hanwag)社の夏靴も欲しいなぁ・・・


登った標高の分だけ募金する 「Give My Climb運動」はコチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



ついに積雪期用登山靴を買ってしまった。


モンベルの「アルパインクルーザー 2800」だ。

アルパインクルーザー2800の詳細


積雪期用登山靴「アルパインクルーザー 2800」
shoes2009_4_12.jpg


僕、そのコストパフォーマンスの高さでモンベルが好きだ。
今はそうでもなくなりました・・・


スリーシーズン用の登山靴としてモンベルの「GORE-TEX ツオロミー ブーツ」を持っているのだが
履き心地もよく、僕の足には合っているようだ。
で、積雪期用登山靴もモンベルのものを買おうと思っていた。


もう1ランク上で保温材が入っている「アルパインクルーザー 3000」と悩んだのだが
バリバリのアルピニストを目指している訳でもないし
まあ厳冬期にそれほどスパルタンな事もやらないだろうという事で2800にした。


いやあ、これでまた装備だけがグレードアップしてしまった。


来シーズンは雪山講習受けないとなあ~~・・・・・・




っと購入直後に上記のような記事を書いたが、実際に使用してみた感想と結果は

重すぎる。
アッパーが硬すぎる。
3シーズン目に浸水して廃棄(やはりゴアッテクスのものを買うべきだ)。

現在では二代目冬靴に満足している。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村