2016年11月26日、唐松岳登山二日目の模様です。 登山形態:単独
唐松岳登山:標高2280m地点→丸山→唐松岳→八方尾根→白馬





4時前、シュラフから這い出す。
昨夜降っていた雪もすっかり止み、予報どおりの快晴。



ガスバーナー故障で火が使えない為、行動食を冷たい水で流し込み朝食とする。
用足しを終えると夜明け前の6時過ぎ、幕営地を出発。




click_to_expand_12.gif    純白の雪面と雲海の夜明け前
thum_Karamatsudake_2016_0001.jpg




夏道通しに、シグザグのトラバース路から尾根へ上がる頃、黎明。
視界も全開となり、独り気持ちよく尾根を歩く。




click_to_expand_12.gif    朝日浴びる白馬三山
thum_Karamatsudake_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    昨冬踏んだ五竜岳
thum_Karamatsudake_2016_0003.jpg






各所の吹き溜まりで足を取られる為、ワカンを装着するが
丸山を過ぎ明瞭な尾根道になると、アイゼンで問題なく進む。






click_to_expand_12.gif    天狗尾根
thum_Karamatsudake_2016_0004.jpg






展望漫歩。 雲海を麓に後立山の峰々が美しい。






click_to_expand_12.gif    唐松岳へと尾根を行く
thum_Karamatsudake_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬三山
thum_Karamatsudake_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    尾根を振り返ると雲海の先に戸隠・頚木・海谷山塊
thum_Karamatsudake_2016_0007.jpg






8時半頃、稜線へ出ると吹きさらしとなるが、風も比較的穏やか。
さらに半時ほど歩くと、唐松岳山頂。 広がる眺望を肴に暫し憩う。






click_to_expand_12.gif    冬季閉鎖中の唐松小屋
thum_Karamatsudake_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    薬師岳~立山~剣岳
thum_Karamatsudake_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    北に主稜線を望む
thum_Karamatsudake_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    南に五竜岳を望む
thum_Karamatsudake_2016_0011.jpg






存分に風景を堪能すると、来た道を引き返して行く。
11時頃、幕営地まで戻りテント撤収。 改めて重くなったザックを背負い下山を開始。






click_to_expand_12.gif    下りから鹿島槍ヶ岳・五竜岳
thum_Karamatsudake_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬三山を道連れに下る
thum_Karamatsudake_2016_0013.jpg






八方池辺りで、一人と擦れ違った以外は、誰とも会わない静かな道程。
途中ルートミスがありつつも2時半頃、下山。



スキー場オープン前を狙い、静かな雪山を楽しむ事ができた。




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年11月25日、唐松岳登山初日の模様です。 登山形態:単独
唐松岳登山:白馬→黒菱平→八方尾根→八方池→標高2280m地点





早朝、車中泊していた上信越道のPAを出発。 南岸低気圧通過直後で、辺りは雪化粧。
長野ICで下車するとコンビニで買出し&朝飯、1時間ほどのドライブで白馬へ。



別荘地帯を抜け暫し進むと、黒菱林道の冬季閉鎖ゲート地点。
少し戻った程よい空地に車を停めると7時45分頃、唐松岳へ向けゆるゆると歩き出した。



車道を10分ほど歩き、リフトと交差する辺りで山の斜面へ入ると、やがてゲレンデを登るようになる。
一時的に天気は回復しているが、すぐに崩れる予報である。




click_to_expand_12.gif    黒菱林道から 昨日の雪が薄っすら積もっている
thum_Karamatsuyama_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    閑散としたスキー場を上る
thum_Karamatsuyama_2016_0002.jpg






時折車道を横切りつつ、スキーゲレンデの歩きやすい所を選び、適当に上って行く。
スキー場オープン前でリフトも稼動しておらず、非常に閑散としている。






click_to_expand_12.gif    八方山を仰ぐ
thum_Karamatsuyama_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    頚城や戸隠方向
thum_Karamatsuyama_2016_0004.jpg






3時間ほどで鏡池まで来ると、ここで八方尾根へ合流。
夏道通しに上っていき11時過ぎ、ようやく八方池山荘へ着いた。



ここへ宿泊して、風呂に浸かりビールも悪くないのだが、今回は先へ。
やはり天気は下降傾向で、高度を上げるにつれ、やがて雪も降り出してくる。



1時間ほどで結氷している八方池へ到着。
ここらの平地で幕営しても良いのだが、まだ時間も早い為、もう少し歩く事に。






click_to_expand_12.gif    結氷する八方池
thum_Karamatsuyama_2016_0005.jpg






1時半頃、標高2280m地点。
もう少しで森林限界、雪も強くなってきたので店じまいする事にして、整地すると幕営してしまう。



で、水作り完了もあと少しというところでアクシデント発生。
突如ガスバーナーが故障し、火が使えない状況に。



なんとか登山中の水分は確保できているのが救いだが、暖かいものを口にできないのは、辛いし寒い。
という訳で、パスタ乾麺をボリボリと水で流し込む味気の無い夕飯となった。



7時半頃、シュラフへ。
外は風も雪も強まっているが、明日の晴れ予報に期待。




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年3月18日、穂高連峰横断最終目の模様です。 登山形態:単独
穂高連峰横断最終目:槍平→滝谷出合→白出沢出合→新穂高





6時過ぎ、槍平付近の幕営地を出発。
概ね飛騨沢沿いの雪上ルートを取る。




click_to_expand_12.gif    幕営地から涸沢岳を仰ぐ
thum_Yokooone05_2016_0001.jpg






滝谷出合手前で、早くも飛騨沢が一部露出。 左岸から巻いたりしつつ滝谷へ。
寡雪の為、滝谷より先は沢上ルートが辿れず、夏道通しに付いたトレースをなぞる。






click_to_expand_12.gif    この時期、雪に埋まっている筈の飛騨沢が早くも出現
thum_Yokooone05_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    滝谷出合からドームを仰ぐ
thum_Yokooone05_2016_0003.jpg






9時前、白出沢出合を過ぎると、林道歩き。
通常、この時期は雪に埋没している柵等が顔をだしている。 今年の残雪登山は厳しそうだな・・・






click_to_expand_12.gif    笠ケ岳山頂部
thum_Yokooone05_2016_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    白出沢出合からは林道を黙々と
thum_Yokooone05_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    穂高平避難小屋を過ぎるとゴールも近い
thum_Yokooone05_2016_0006.jpg






春の陽光に汗滲ませつつも11時前、新穂高へ下山。
天候にも恵まれ、念願の横尾尾根を歩く事ができ、大変充実している。



積雪期の槍・穂高連峰も、これで自分なりに一区切り。
来季は後立山かな・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村