FC2ブログ

2021年1月14日・15日、霞沢岳登山の模様です。





14日


8時頃、坂巻温泉を出発。
半時ほどで釜トンネル入り口、暗いトンネルを黙々と上って行く。



9時半前、砂防事務所入り口から入山。
急斜面の一登りで西尾根へのる。



年末年始のトレースが残っているものの、時折新雪に埋まり、足場の確保に格闘する。
標高も2000mを超えると傾斜が緩み天候も回復、日も差し込んでくる。




click_to_expand_12.gif    雪纏う樹木が美しい
thum_Kasumisawadake_2020_0001.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kasumisawadake_2020_0002.jpg






高度を上げつつ幕営適地を物色。
標高2350m付近の尾根を今夜のお宿にすると、強引に整地・幕営してしまう。






click_to_expand_12.gif    稜線を覆っていた雲がちぎれ、乗鞍岳が姿を現した
thum_Kasumisawadake_2020_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    明神岳
thum_Kasumisawadake_2020_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    焼岳も登場
thum_Kasumisawadake_2020_0005.jpg






水作りを終えると濃厚スープパスタで夕餉。
7時半頃、シュラフへ潜った。







15日


6時半頃、幕営地を出発。
やがて森林限界を超え黎明を迎えると、快晴の空の下、風景が躍動してくる。




click_to_expand_12.gif    朝日に浮かび上がる乗鞍岳
thum_Kasumisawadake_2020_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    奥穂高岳
thum_Kasumisawadake_2020_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    西穂高岳
thum_Kasumisawadake_2020_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    焼岳
thum_Kasumisawadake_2020_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kasumisawadake_2020_0010.jpg






核心と言われている岩場を登ると、吹きさらしの雪尾根へでる。
ここでワカンも装着、広く快適な雪稜を進んでいく。






click_to_expand_12.gif    岩場を超えると霞沢岳山頂部が望まれる
thum_Kasumisawadake_2020_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    奥穂高岳を道連れに登る
thum_Kasumisawadake_2020_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    笠ケ岳
thum_Kasumisawadake_2020_0013.jpg






8時過ぎ、霞沢岳山頂。
更に足を伸ばし、展望の良いK2ピークを往復。






click_to_expand_12.gif    霞沢岳を振り返り仰ぐ
thum_Kasumisawadake_2020_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    K2ピークへの上りから霞沢岳
thum_Kasumisawadake_2020_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    K2ピークから奥穂高岳
thum_Kasumisawadake_2020_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    前穂高岳 背後に常念岳
thum_Kasumisawadake_2020_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    御嶽山・乗鞍岳
thum_Kasumisawadake_2020_0018.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kasumisawadake_2020_0019.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kasumisawadake_2020_0020.jpg






素晴らしい風景に十分満足すると、来た道を引き返し幕営地まで。
撤収・荷詰めると改めてザックを背負い、樹林帯を下っていく。



12時半過ぎ、砂防事務所まで降りると時間もまだ早い。
大正池まで散策、暫し湖畔で憩うと車道を引き返す。






click_to_expand_12.gif    大正池から穂高
thum_Kasumisawadake_2020_0021.jpg








click_to_expand_12.gif    焼岳
thum_Kasumisawadake_2020_0022.jpg






長い釜トンネルを抜け国道を半時ほど歩き、坂巻温泉まで戻った。
年末登山の鬱憤も晴れる、楽しい雪山歩きだった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の 登山ボタン を 「ぽちッ」 と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい 「ぽちっ」 がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2020年12月6日、唐松岳登山2日目の模様です。





7時前、幕営場所を出発。
稜線に雲が多く、いまひとつ気分が上がらないまま出発。




click_to_expand_12.gif    朝焼けの鹿島槍ヶ岳
thum_Karamatsudake02_2020_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    天狗ノ頭
thum_Karamatsudake02_2020_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬三山
thum_Karamatsudake02_2020_0003.jpg






上るにつれ雲も消えていき、穏やかな風の中、独り風景を楽しみながら進む。






click_to_expand_12.gif    丸山辺り
thum_Karamatsudake02_2020_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    頚城山塊や高妻山やら
thum_Karamatsudake02_2020_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    天狗ノ頭~小蓮華岳
thum_Karamatsudake02_2020_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    五竜岳
thum_Karamatsudake02_2020_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    唐松岳~不帰嶮
thum_Karamatsudake02_2020_0010.jpg






緩やかな尾根を登り詰めると、唐松岳頂上山荘の建つ稜線へでる。
そこから一登りで9時半頃、唐松岳山頂到着。






click_to_expand_12.gif    稜線から立山や剱岳やら
thum_Karamatsudake02_2020_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    唐松岳山頂
thum_Karamatsudake02_2020_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    山頂山荘を振り返る
thum_Karamatsudake02_2020_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    山頂辺りから五竜岳
thum_Karamatsudake02_2020_0014.jpg






半時ほど風景を満喫すると、来た道を戻っていく。
スキー場オープン前の閑散期、誰とも会わない静かな帰路。






click_to_expand_12.gif    下りつつ稜線を仰ぐ
thum_Karamatsudake02_2020_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    雪を纏う岩肌が美しい
thum_Karamatsudake02_2020_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    丸山を振り返る 雲も完全に消えようやく快晴になった
thum_Karamatsudake02_2020_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    天狗ノ頭
thum_Karamatsudake02_2020_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線を振り返る
thum_Karamatsudake02_2020_0019.jpg








click_to_expand_12.gif    鹿島槍ヶ岳・五竜岳
thum_Karamatsudake02_2020_0020.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬三山を道連れに下る
thum_Karamatsudake02_2020_0021.jpg






4時頃、黒菱林道閉鎖ゲートまで戻った。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の 登山ボタン を 「ぽちッ」 と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい 「ぽちっ」 がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2020年12月5日、唐松岳登山初日の模様です。





8時15分頃、黒菱林道の閉鎖ゲートを出発。
暫し林道を歩き、リフトを過ぎた辺りから適当に入山する。



快晴の空だったが、早くも稜線を雲が覆い始める。
林道をショートカットするように、薄く雪の被った斜面を登って行く。




click_to_expand_12.gif    リフトの下を歩く
thum_Karamatsudake01_2020_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬鑓ケ岳・杓子岳 稜線に雲が懸かる
thum_Karamatsudake01_2020_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    天狗の頭を仰ぐ
thum_Karamatsudake01_2020_0003.jpg






11時頃、営業前の閑散としたグラートクワッドの発着施設。
半時ほどで、八方池山荘到着。 明瞭で歩きやすい八方尾根をゆるゆると進む。






click_to_expand_12.gif    白馬村を麓に高妻山や戸隠山
thum_Karamatsudake01_2020_0004.jpg






八方池を過ぎるとだんだんと雪も深くなってくるが、ワカンを置いてきたので、つぼ足。
先行者がいるようで、トレースがありがたい。



下の樺からは、尾根を直登する冬道には雪が溜まっている。。
股まで埋まるラッセルに喘ぎながら、徐々に高度を稼ぐ。






click_to_expand_12.gif    すっかりガス模様
thum_Karamatsudake01_2020_0005.jpg






3時頃、標高2360mの平坦な肩まで出ると、樹林帯のラッセルも終了。
夕方前の幕営適地という事で、整地するとテントを張ってしまう。



水を作り夕餉を終えると7時半頃、シュラフへ潜る。
明日の晴れ予報に期待。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の 登山ボタン を 「ぽちッ」 と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい 「ぽちっ」 がこのブログを支えています。
にほんブログ村