FC2ブログ

2019年11月1日、表妙義山縦走の模様です。 登山形態:単独





早朝、関越道の車中泊場所を出発。
暫しのドライブで上信越道松井田妙義ICで下車、程なく「道の駅みょうぎ」の駐車場へ到着。



着替え荷詰めると6時20分頃、ゆるゆると歩き出した。
石段を上り妙義神社より入山、大好きな表妙義山だが、何度目の縦走になるだろう・・・




click_to_expand_12.gif    妙義神社から
thum_Myougisan_2019_0001.jpg




50分ほどで、展望の良い「大の字岩峰」に着く。




click_to_expand_12.gif    大の字岩峰から、初秋の山肌
thum_Myougisan_2019_0002.jpg




暫く憩うと再出発。 「奥の院」より先は鎖絡みの道になる。
やがて稜線へでると視界全開、初秋の素晴らしい風景を肴にのんびりと歩く。




click_to_expand_12.gif    妙義冨士を見下ろす
thum_Myougisan_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    榛名山方向
thum_Myougisan_2019_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    玉岩
thum_Myougisan_2019_0021.jpg








click_to_expand_12.gif    妙義山らしい、和風な秋の趣が美しい
thum_Myougisan_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    小野子山方向
thum_Myougisan_2019_0006.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Myougisan_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Myougisan_2019_0008.jpg






9時半頃、表妙義最高峰である相馬岳へ到着。
暫し下ると道は稜線を逸れ、北側斜面より巻いていく。






click_to_expand_12.gif    金洞山 鬼が島のよう
thum_Myougisan_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Myougisan_2019_0010.jpg






再び稜線と合流すると、やがて「茨尾根ピーク」。
ここは、相馬岳が一番美しく望まるポイントで、見惚れながら一息つく。






click_to_expand_12.gif    茨尾根ピークから相馬岳 表妙義山屈指の展望
thum_Myougisan_2019_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    裏妙義山
thum_Myougisan_2019_0012.jpg






二か所の分岐を過ぎ、鉄梯子が現れると、難所の「鷹戻し」だ。
80度位の鎖絡みの傾斜、今日は調子が良く、恐怖も無く順調に登りきる。






click_to_expand_12.gif    道連れの浅間山
thum_Myougisan_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    鷹戻しから相馬岳
thum_Myougisan_2019_0014.jpg






大好きな西上州の空気感を味わいながら、東岳で大休止。
その後も油断ならない道で中ノ岳から下り、主稜線のコルまで来ると麓へ向かう。






click_to_expand_12.gif    金鶏山や石門群を見下ろす
thum_Myougisan_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    岩峰の稜線を行く
thum_Myougisan_2019_0016.jpg








click_to_expand_12.gif    星穴岳
thum_Myougisan_2019_0017.jpg






ハイカーで賑わう石門群を通りながら進み、いったん車道へ。
一本杉から大人場まで山道を経由し、再び車道をてくてく歩くと、「道の駅みょうぎ」へ戻った。






click_to_expand_12.gif    第四石門と大砲岩 お馴染みの絵面
thum_Myougisan_2019_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    中間道より
thum_Myougisan_2019_0019.jpg








click_to_expand_12.gif    妙義ふるさと美術館から
thum_Myougisan_2019_0020.jpg






秋恒例の表妙義山縦走は、今年も楽しいものになった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2019年5月25日、大源太山七ツ小屋山縦走の模様です。 登山形態:単独





5時半頃、林道終点の登山口を出発。
二度の渡渉から急斜面を登ると、やがて明瞭な尾根道となり、展望も広がる。




click_to_expand_12.gif    シシゴヤノ頭方向を仰ぐ
thum_Daigentayama_2019_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    シャクナゲも随所で
thum_Daigentayama_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    茂倉岳等
thum_Daigentayama_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    七ツ小屋山
thum_Daigentayama_2019_0004.jpg






新緑と雪渓の、春山らしい風景を眺めながら歩き8時過ぎ、大源太山へ到着。
巻機山や谷川連峰等、360度の展望を楽しみに、暫く憩う。






click_to_expand_12.gif    苗場山方向
thum_Daigentayama_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    巻機山方向
thum_Daigentayama_2019_0006.jpg






稜線を南へ、岩場絡みの道を下り、上り返したピークが七ツ小屋山だ。
眺めの良い、笹原の穏やかな道が続き、1544ピークから謙信ゆかりの道へ折れる。






click_to_expand_12.gif    大源太山を振り返る
thum_Daigentayama_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    ミネザクラ
thum_Daigentayama_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    巻機山~柄沢山
thum_Daigentayama_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    朝日岳方向
thum_Daigentayama_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    カタクリ
thum_Daigentayama_2019_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    七ツ小屋山を振り返る
thum_Daigentayama_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    路傍に咲くナエバキスミレ
thum_Daigentayama_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    シラネアオイ
thum_Daigentayama_2019_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    茂倉岳方面へ続く稜線
thum_Daigentayama_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山~苗場山
thum_Daigentayama_2019_0016.jpg






更に展望漫歩を1時間ほどで、シシゴヤノ頭へ着く。
ここより稜線をそれ、麓へ急斜面を下っていく。






click_to_expand_12.gif    タムシバ
thum_Daigentayama_2019_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    イワウチワ
thum_Daigentayama_2019_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    新緑眩しい
thum_Daigentayama_2019_0019.jpg






各所で雪渓が塞ぐ登山道を、ルートファインディングしながら歩く。
美しい新緑等のなか下り1時過ぎ、登山口まで戻った。





click_to_expand_12.gif    麓から 足拍子岳~荒沢山
thum_Daigentayama_2019_0020.jpg






登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2019年5月5日、京ケ倉大城登山の模様です。 登山形態:単独
京ケ倉・大城登山コース:おおこば見晴台→京ケ倉→大城→眠峠





7時40分頃、生坂スポーツパーク前の駐車場を出発。
登山口に向け車道を歩いていると、後ろから車が走ってきた。



同じく京ケ倉に登るというドライバーの男性に声を掛けられ、乗せて行って下さるとの事。
ありがたく同乗させて頂き、楽々と登山口へ着く。



お礼を言うと8時半前、登山道をゆるゆると歩き出した。
40分ほどで「おおこば見晴台」にでると展望が開け、北アルプスの山々等が美しい。




click_to_expand_12.gif    常念岳や大天井岳やら
thum_Kyougakura_2019_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    針ノ木岳や鹿島槍ヶ岳やら
thum_Kyougakura_2019_0002.jpg






ここから先はヒカゲツツジが多く見られるようになる。
やがて稜線へでると、各所で広がる展望とヒカゲツツジを愛でながら、楽しく歩く。






click_to_expand_12.gif    稜線から京ケ倉
thum_Kyougakura_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線を彩るヒカゲツツジ
thum_Kyougakura_2019_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    どっしりした聖山
thum_Kyougakura_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    北アルプス南部を一望
thum_Kyougakura_2019_0006.jpg






京ケ倉・大城とピークを越え、眠峠まで稜線を歩くと、麓へ下っていく。






click_to_expand_12.gif    京ケ倉から稜線を振り返る
thum_Kyougakura_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    最盛期のヒカゲツツジ
thum_Kyougakura_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    昨日歩いた白馬岳など
thum_Kyougakura_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    京ケ倉を振り返る
thum_Kyougakura_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kyougakura_2019_0011.jpg






林道まで下り暫く歩くと、県道を黙々と歩くようになる。
暑い日差しのなか進み12時半頃、生坂スポーツパークまで戻った。



やまなみ荘で汗を流すと帰路へ。 三才山トンネルから国道254というお馴染みの道をドライブ。
下仁田辺りのお馴染みの公園で、GW締めくくりの麦酒を楽しんだ。





click_to_expand_12.gif    帰路のドライブから、荒船山のトモ岩
thum_Kyougakura_2019_0012.jpg





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村