2017年2月4日、鹿俣山登山の模様です。





早朝、関越道の車中泊場所で起床。
中越地方の天気予報をチェックするが、芳しくない感じ。



魚沼の里山を登るつもりだったが予定変更。
鹿俣山へ登る事に決め水上ICでUターン、沼田ICで降り玉原スキー場へ。



8時前、スキーヤーで賑わう駐車場をゆるゆると出発。
車道を暫く歩き、程よい所で尾根を目指し雪林へ入る。



スノーシューで脛程度の快適なラッセル。
やがて尾根も明瞭になってくると、武尊山方向の視界が開けてくる。




click_to_expand_12.gif    雪林から尾根へ
thum_Kanomatayama_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    武尊山は雲の中
thum_Kanomatayama_2017_0002.jpg






稜線直下の急斜面を上り、雪庇の薄いところを乗越すと、稜線へでる。






click_to_expand_12.gif    雪庇を乗越し稜線へ
thum_Kanomatayama_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線へでた
thum_Kanomatayama_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    浅間山と玉原湖
thum_Kanomatayama_2017_0005.jpg






谷川連峰等を望みつつ、僅かに登ると10時前、鹿俣山山頂に着いた。






click_to_expand_12.gif    谷川連峰
thum_Kanomatayama_2017_0006.jpg






稜線上の次のピークである獅子ケ鼻山を目指し、更に先へ歩を進めている時だった。
突如、足元が失われ落下、乗っていた雪庇が崩れたのだ。






click_to_expand_12.gif    雪稜を更に先へ進み・・・
thum_Kanomatayama_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    この辺りの稜線から落下
thum_Kanomatayama_2017_0009.jpg






3mほど落ちたところで、雪面に着地。
スノーシューでガチガチに固定された左足に衝撃が集中し、足首脱臼及び骨折。



足首が、有り得ない感じでズレており、まったく踏ん張る事ができない。
自力での脱出が困難と思い、すぐに警察に通報。



緯度経度で自分の場所を伝えると、ツェルトに包まりただ待つ。
後悔と申し訳ない気持ちで二時間ほどそうしていると、ヘリコプターの音が聞こえてきたのだった・・・










二月中旬、手術。 二月下旬一時退院。
三月下旬、抜釘手術。 二日後退院。 



四月中旬、松葉杖無しでの歩行許可、社会復帰。
五月上旬、炎症による痛みの為、いまだ健常に歩く事ができず。



救助して下さった方々、緊急搬送先で処置してくださった方々、ありがとうございました。
そしてご迷惑をお掛けしまして、申し訳ありませんでした。






2017年1月28日、権現岳登山の模様です。 登山形態:単独
権現岳登山:天女山→前三ツ頭→三ツ頭→権現岳





早朝、車中泊していた中央道のSAを出発。
長坂ICで下車、途中のコンビニで腹ごしらえすると登山口へ。



身繕いを終えると7時前、権現岳へ向けゆるゆると歩き出した。
天女山の駐車場を過ぎ登山道へ入ると、やがて雪も顕著となってくるが、トレースに助けられラッセルとはならない。




click_to_expand_12.gif    天ノ河原から北岳・甲斐駒ケ岳
thum_Gongendake_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Gongendake_2017_0001.jpg






穏やかな尾根で、標高1900m過ぎまで高度を稼ぐと、やがて勾配がきつくなってくる。
急斜面を上りきり、尾根上の肩である前三ツ頭へでると、視界が開ける。






click_to_expand_12.gif    木曽山脈
thum_Gongendake_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    三ツ頭を仰ぐ
thum_Gongendake_2017_0004.jpg






吹きさらしの稜線から、再び樹林帯を抜けると、三ツ頭。
目指す権現岳や、赤岳の眺望が素晴らしい。






click_to_expand_12.gif    編笠山
thum_Gongendake_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳・赤岳
thum_Gongendake_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    権現岳
thum_Gongendake_2017_0007.jpg






いったん下った樹林帯のコルから、ゆるゆると上り返し、山頂部直下まで。
トラバースで左から回り込むように尾根へ出る。






click_to_expand_12.gif    三ツ頭を振り返る
thum_Gongendake_2017_0008.jpg






程なく、岩が積み重なった権現岳山頂が見えるが、ここはスルー。
更に稜線を暫く進んだ、キレットへの下降点で腰を落ち着ける。






click_to_expand_12.gif    白いギボシ 背後に北アルプスの連なり
thum_Gongendake_2017_0009.jpg






高気圧が移動性となり、北アルプスまで望まれる良コンディション。 この時期としては風も穏やか。
八ヶ岳随一の展望台からの眺めを、暫し楽しむ。






click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳~赤岳
thum_Gongendake_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    権現岳山頂部
thum_Gongendake_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    奥秩父方面
thum_Gongendake_2017_0012.jpg






満足するまで風景を味わうと、来た道を引き返していく。
明日の予定もあるので、若干急ぎ足で下り3時頃、快晴の八ヶ岳を後にした。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年6月3日、平標山仙ノ倉山登山の模様です。
平標山仙ノ倉山登山:松手山コース→平標山→仙ノ倉山→平元新道





6時半前、三国小学校前をゆるゆると出発。
やがて松手山登山道に入ると、階段整備された道を上って行く。



運悪く、新潟県の高校数校の山岳部が集まる合同訓練と重なってしまったようで、各所で大集団と遭遇。
全部で300人位は居るだろうか、抜くのも大変なら抜かれるのも大変。 落ち着いて登山を楽しめない。



暫し憮然としながら登るが、彼らを気にしながら歩くのも癪なので、とにかく先へ行って貰う。
付近から集団の喧騒が消えたところで、気を取り直してゆったりと登って行く。




click_to_expand_12.gif    たわわにアカモノが咲いていた
thum_Sennokurayama_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Sennokurayama_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Sennokurayama_2016_0003.jpg






標高が1900mを越えた辺りで、ハクサンイチゲの群生があり、撮影に興じながら憩う。






click_to_expand_12.gif   
thum_Sennokurayama_2016_0005.jpg






穏やかとなった尾根を上り詰めると、平標山山頂。
多くの高校生と一般登山者ですし詰め、落ち着かない為、すぐに先へ進む。






click_to_expand_12.gif    佐武流山等上越国境方面
thum_Sennokurayama_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    平標・仙ノ倉間の穏やかな稜線から平標山を振り返る
thum_Sennokurayama_2016_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    日白山方向
thum_Sennokurayama_2016_0008.jpg






展望の良い牧歌的な道をアップダウン、11時前に仙ノ倉山へ到着。
暫し主稜線を下った好展望地で腰を落ち着けると、風景を眺めつつ一服する。






click_to_expand_12.gif    エビス大黒ノ頭方向
thum_Sennokurayama_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    万太郎山方向
thum_Sennokurayama_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    巻機山方向
thum_Sennokurayama_2016_0011.jpg






再び平標山へ引き返すと、平標新道方面へ僅かに下った高原地で一息。
三度目の平標山へ登り返し、大源太山方面へ階段状の道を下っていく。






click_to_expand_12.gif    初夏
thum_Sennokurayama_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    平標山頂下から、池塘と仙ノ倉山
thum_Sennokurayama_2016_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    平標山の家への下りから、仙ノ倉山
thum_Sennokurayama_2016_0014.jpg






「平標山の家」から、平元新道をゆるゆると40分ほど下ると麓。
更に小一時間の林道歩きで、三国小学校まで戻った。






click_to_expand_12.gif    三国小学校のルピナス
thum_Sennokurayama_2016_0015.jpg






山では静かに過ごしたい・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村