2017年2月4日、鹿俣山登山の模様です。





早朝、関越道の車中泊場所で起床。
中越地方の天気予報をチェックするが、芳しくない感じ。



魚沼の里山を登るつもりだったが予定変更。
鹿俣山へ登る事に決め水上ICでUターン、沼田ICで降り玉原スキー場へ。



8時前、スキーヤーで賑わう駐車場をゆるゆると出発。
車道を暫く歩き、程よい所で尾根を目指し雪林へ入る。



スノーシューで脛程度の快適なラッセル。
やがて尾根も明瞭になってくると、武尊山方向の視界が開けてくる。




click_to_expand_12.gif    雪林から尾根へ
thum_Kanomatayama_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    武尊山は雲の中
thum_Kanomatayama_2017_0002.jpg






稜線直下の急斜面を上り、雪庇の薄いところを乗越すと、稜線へでる。






click_to_expand_12.gif    雪庇を乗越し稜線へ
thum_Kanomatayama_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線へでた
thum_Kanomatayama_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    浅間山と玉原湖
thum_Kanomatayama_2017_0005.jpg






谷川連峰等を望みつつ、僅かに登ると10時前、鹿俣山山頂に着いた。






click_to_expand_12.gif    谷川連峰
thum_Kanomatayama_2017_0006.jpg






稜線上の次のピークである獅子ケ鼻山を目指し、更に先へ歩を進めている時だった。
突如、足元が失われ落下、乗っていた雪庇が崩れたのだ。






click_to_expand_12.gif    雪稜を更に先へ進み・・・
thum_Kanomatayama_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    この辺りの稜線から落下
thum_Kanomatayama_2017_0009.jpg






3mほど落ちたところで、雪面に着地。
スノーシューでガチガチに固定された左足に衝撃が集中し、足首脱臼及び骨折。



足首が、有り得ない感じでズレており、まったく踏ん張る事ができない。
自力での脱出が困難と思い、すぐに警察に通報。



緯度経度で自分の場所を伝えると、ツェルトに包まりただ待つ。
後悔と申し訳ない気持ちで二時間ほどそうしていると、ヘリコプターの音が聞こえてきたのだった・・・










二月中旬、手術。 二月下旬一時退院。
三月下旬、抜釘手術。 二日後退院。 



四月中旬、松葉杖無しでの歩行許可、社会復帰。
五月上旬、炎症による痛みの為、いまだ健常に歩く事ができず。



救助して下さった方々、緊急搬送先で処置してくださった方々、ありがとうございました。
そしてご迷惑をお掛けしまして、申し訳ありませんでした。






2016年5月19日、袈裟丸山登山の模様です。 登山形態:単独
袈裟丸山登山:南東尾根→袈裟丸山→小丸山→賽ノ河原→折場登山口





GWのアカヤシオ散策で気に入ってしまった袈裟丸山へ再び。
小中西山林道 「石楠花橋」付近に車を駐車。 着替えると7時半頃、ゆるゆる歩き出した。



作業道を暫し上ると、程よい緩斜面より入山。
程なく支尾根へ乗ると、早くもシロヤシオ・ミツバツツジのお出迎えに、感嘆の溜息。




click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0002.jpg






上部の急傾斜を上りきると、緩やかな南東尾根と合流。
どこか気品のあるシロヤシオと、鮮やかなミツバツツジを愛でながらの、幸せな尾根歩きが続く。






click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0004.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0006.jpg






標高も1600mを越えてくると、お次はアカヤシオの歓待が始まる。
シャクナゲも随所で見られ、なかなかの至福。






click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0007.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0011.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    シャクナゲも各所で
thum_Kesamaruyama02_2016_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    アカヤシオに染まる山肌
thum_Kesamaruyama02_2016_0014.jpg






10時半頃、樹木に囲まれた前袈裟到着。
北方に暫し下った展望地で一息つくと、東方へ尾根を下っていく。






click_to_expand_12.gif    前袈裟辺りから後袈裟方向
thum_Kesamaruyama02_2016_0015.jpg






コルから緩傾斜を上り返すと小丸山へ出る。
花付きの良い木も僅かに残っているものの、この辺りのアカヤシオは終盤の模様。






click_to_expand_12.gif    小丸山のアカヤシオ
thum_Kesamaruyama02_2016_0016.jpg






やがて高度を下げてくると、再びシロヤシオ・ミツバツツジの登場で、飽きる事が無い。






click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0017.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0018.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama02_2016_0019.jpg






1時半過ぎ、折場登山口まで下山。
更に30分ほどの車道歩きで、石楠花橋まで戻った。



ツツジ散策の楽しさを知ってしまった春でした。
また来年が楽しみだ・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2016年5月5日、袈裟丸山登山の模様です。 登山形態:単独
袈裟丸山登山:南西尾根→袈裟丸山→小丸山→賽ノ河原→折場登山口





6時過ぎ、郡界尾根登山口の駐車場を出発。
暫し車道を戻り、沢筋の程よい所から入山。



も、取付き点を失敗したようで、上部で非常に急峻となり、潅木を頼りに上って行く。
半時ほどで南西尾根へでると、早くもアカヤシオの歓待。 これはたまらん・・・




click_to_expand_12.gif    緩やかな南西尾根thum_Kesamaruyama01_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    ほどなくアカヤシオのお出迎え
thum_Kesamaruyama01_2016_0001.jpg






のんびり撮影に興じつつ、緩やかな尾根をアカヤシオ散策。
その美しさに思わず漏れる感嘆の溜息。 こんなに胸躍る感覚も久々。






click_to_expand_12.gif    美しいアカヤシオに見惚れつつゆっくり歩く
thum_Kesamaruyama01_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    陽光に輝く
thum_Kesamaruyama01_2016_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    淡い桃色が愛らしい
thum_Kesamaruyama01_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    随所で満開
thum_Kesamaruyama01_2016_0006.jpg






各所で開ける展望も、どこか素朴で好ましい。






click_to_expand_12.gif    袈裟丸山の稜線 足尾山地らしい趣
thum_Kesamaruyama01_2016_0007.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama01_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    どこか霞んだ春空の赤城山
thum_Kesamaruyama01_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    上部では笹がちの尾根となる
thum_Kesamaruyama01_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama01_2016_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    牧歌的で好ましい
thum_Kesamaruyama01_2016_0012.jpg






9時前、前袈裟に到着。 が、樹木に囲まれている為スルー。
暫し北上した、展望の良い稜線上で一服つく。






click_to_expand_12.gif    後袈裟 奥に皇海山や庚申山
thum_Kesamaruyama01_2016_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    後袈裟辺りから前袈裟
thum_Kesamaruyama01_2016_0014.jpg






後袈裟をピストンすると、小丸山方面へ。
緩やかな笹尾根を暫し歩くと、急峻な樹林帯を下っていく。






click_to_expand_12.gif    前袈裟直下の笹尾根
thum_Kesamaruyama01_2016_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    小丸山へと続く穏やかな稜線
thum_Kesamaruyama01_2016_0016.jpg






1時間ほどで、展望の良い小丸山到着。
蕾のアカヤシオが多く見られ、あと一週間ほどで見頃を迎えるのだろう。






click_to_expand_12.gif    小丸山から袈裟丸山稜線
thum_Kesamaruyama01_2016_0017.jpg






1600mほどまで高度を下げると、再びアカヤシオの歓待。
途端にペースを落としながらの花見となる。






click_to_expand_12.gif    高度を落とすと再びアカヤシオのお出迎え
thum_Kesamaruyama01_2016_0018.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama01_2016_0019.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama01_2016_0020.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama01_2016_0021.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama01_2016_0022.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama01_2016_0023.jpg






賽ノ河原より、折場方面へ進むと、視界の良い開放的な道を下っていく。






click_to_expand_12.gif    小丸山方向を仰ぐ
thum_Kesamaruyama01_2016_0024.jpg






1時前、多くの車が停まる折場登山口へ下山。
ここで、先日の鉾ケ岳登山に続き、キックボードの登場。



急峻で浮き砂が多い林道を慎重に転がし、小中方面への分岐まで下る。
更に1時間ほど林道を歩き2時半頃、郡界尾根登山口まで戻った。






click_to_expand_12.gif    林道の道すがら、新緑が鮮やか
thum_Kesamaruyama01_2016_0025.jpg








click_to_expand_12.gif    ミツバツツジも
thum_Kesamaruyama01_2016_0026.jpg






遅ればせながら、アカヤシオに 「はまってしまった」春でした。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村